日本語教師になるには

日本語教師になるための、3つの方法(資格)をご紹介します♪

日本語教師を目指しているんだけど、どうやってなればいいのかわからないという質問にお答えしたいと思います。

こんにちは、元日本語教師のかぴばらです。

今日は、日本語教師になるための、3つのルートについて、ざっくりとご紹介をしていきたいと思います。

それでは、さっそくみていきましょう!

【日本語教師になるための3つのルート】

1. 大学・大学院日本語教育を専攻する
2. 日本語教師養成講座420時間コースを修了する(大卒の資格が必要)
3. 日本語教育能力検定試験に合格する

以上3つの方法があります。

大学入学前の人は、素直に大学で日本語教育を専攻した方がいいと思います。

あとは、他の学部をでているんだけど、大学院で日本語教育を専攻したいという人も、そうするのが一番早いと思います。

というのも、例えば、日本や欧米の大学で教えたいときなどは、大学院の資格が必要なことも多いからです。

でも、注意点として、もうすでに大学院の修士を持っている人が、大勢いるということです。

それで、あふれすぎていて、就職難民になっている(条件の良い就職先を捜すから)なんて笑えない話も耳にします。

私の知り合いで、日本の大学で専任として教えているけれど、「420時間の日本語教師養成講座」終了と、日本語学校の経験だけしか持っていない、という方が2人いらっしゃいます。

だから、学歴だけあればいいというものでもないかと思います。

あとは、「420時間の日本語教師養成講座」に、大学の日本語教育専攻の子が1人通っていました。大学と並行して、勉強していたのです。

つまり、日本語教師になるには、大学の勉強だけでは足りないと思ったのでしょう。

その子は、大学のゼミの教授が紹介してくれたオーストラリアの大学院に行く予定でしたが、なぜか急に方向転換して、小売業に就職してしまいました(笑)

そんなに勉強したのに、もったいないなぁと思ったのですが、元気にやってくれているといいなと思います。

日本語教師養成講座420時間コースを修了する(大卒の資格が必要)

大学を卒業している方なら、「420時間の日本語教師養成講座」で学ぶのも良いでしょう。

机上での講義の他、模擬授業もたくさんあるのが、特徴です。受講生たちとも、グループワークなどを解して、仲良くなれます。ワイワイと楽しかったです。

ただ注意点として、この講座を取っても、大卒の学歴がないと、日本語学校で採用してもらえないことがあるのです。

これも、ケース・バイ・ケースなので、なんともいえませんが、私の同級生は二人ほど、短大卒なんだけど、民間の日本語学校で働けていました。

ただ、お二人とも、結局は日本語学校で教えながら、忙しい合間をぬって、「放送大学」に編入して、大卒の資格を取られました。

これって、ほんと大変だと思うんですよね〜〜。日本語教師は、1年目が準備に追われる毎日ですし。

だから、「420時間の日本語教師養成講座」を選ばれる方で、大卒の学歴がない方は、その講座中に、大卒の資格も取ってしまうことをオススメします。

(ただ、働きながら通う場合は、3つのことを同時にすることになるので、オススメはできませんが)

あとは最近、公認された通信講座を選べば、「420時間の日本語教師養成講座」も資格として認められるようになったようなのですが、この場合も、「模擬授業」が足りなくなってきます。

日本語教師として無事採用されるようにするには、「模擬授業」で練習やフィードバックがもらえる講座を追加して受けることをオススメします。

日本語教育能力検定試験に合格する

これは、学歴や年齢などが問われない、すごくフレキシブルな方法です。

そんなに簡単でもないけれど、そんなに難しくもないというレベルの試験です(笑)

大学や他の検定試験に受かった人なら、勉強の進め方は似ていると思います。

全くの独学で、本を見ながら進めるのと、通信教育を受ける方法があります。

どちらを選ぶのかは、好みの問題なのですが、続けられるのは通信教育に軍配が上がるかと思います。ペースを作りやすいですしね。

ただ、日本語教育能力検定試験に合格だけだと、模擬授業がなくて、実践力が足りないので、オプションで、日本教師養成講座をやっている学校の、「模擬授業コース」をとることをオススメします。

この辺りのことは、以下の記事にまとめてあるので、よかったらどうぞ♪

実習もできる!アルクなら日本語教師通信講座で

まとめ

日本語教師の需要や求人は、ますます増えていくと私は考えています。

国家資格になる予定がある「公認日本語教師」の制度が始まる前に、日本語教師となり、未経験からでも日本語学校で働いて、実績と職歴をつくってしまうことをオススメします。

国家資格になったら、今よりももっと難しくなることでしょう。

この国家資格がスタートする前に、日本語教師の資格を取って、日本語教師としての仕事を始めてしまいましょう!