【日本語教師になるにはコレ!】資格は必要?仕事内容と働き方

日本語教師になるにはどうすばいいか知りたい人向けです。

日本語を教える仕事をするには資格は必要なのかな。日本語教師になるにはどうすればいいのでしょうか。
はづき
私が420時間の日本語教師養成講座を選んだ理由もお伝えします。

実は、日本語教師になるには資格が必須ではありません

教員免許と同様に、日本語教師の資格は国家資格ではなく民間資格です。

しかし、実際には資格がないと日本語学校で仕事の求人などに応募ができないため、資格の取得は基本になっています。

では、資格を取得して日本語教師になるにはどうすればいいのでしょうか?

そこで、今回は、「【日本語教師になるにはコレ!】資格は必要?仕事内容と働き方」をご紹介します。

目次

資格は必要?日本語教師になる3つの方法

冒頭でもお伝えしましたが、日本語教師として働くために資格は必要ありません。

ただ、多くの求人情報では資格の取得が推奨されています。

実際に日本語を教える資格を得るためには、以下の3つの方法があります。

  1. 大学・大学院で日本語教育を専攻・副専攻の修了
  2. 420時間の日本語教師養成講座の修了
  3. 日本語教育能力検定試験の合格

1.大学・大学院日本語教育を専攻・副専攻

大学入学前の人は、素直に大学で日本語教育を専攻や副専攻を目指した方がいいと思います。

その他には他の学部をでているんだけど、大学院で日本語教育を専攻したいという人も、そうするのが一番早いと思います。

メリットとしては、日本語教師の求人によっては採用条件の1つに「4年制大学の卒業(学士)」が求められる場合があります。

大学や大学院で日本語教育を専攻して卒業すると、学士が得られるので就職に有利になります。

はづき
4大卒が条件の求人が多いですね。

さらに、模擬授業や教育実習などで実際に授業を体験できるので、大学に留学生がいると実習経験を身につけることができるのが大きなメリットです。

逆に、デメリットはもうすでに日本語教師で大学院の修士を持っている人が大勢いるということです。

そのため、少ない求人に応募が多すぎて就職難民になっている(条件の良い就職先を捜すから)なんて笑えない話も耳にします。

ただ、大学で専攻したものの社会に出て日本語教師以外の仕事を希望した時にはデメリットになる可能性もあります。

はづき
これから入学する人は専攻を検討しておきましょう。

2.日本語教師養成講座420時間を修了

大学を卒業している方なら、「420時間の日本語教師養成講座」で学ぶのも良いでしょう。

日本語教師養成講座に向いているのは、高い費用を払ってでも「就職するのに実習が大切だと思っている人」や「試験の合格よりもハードルの低い修了を目指す人」です。

机上での講義の他、模擬授業もたくさんあるのが、特徴です。受講生たちとも、グループワークなどを解して仲良くなれます。

注意点としては、この講座を取っても大卒の学歴がないと日本語学校で採用してもらえないことがあるのです。

これも、ケース・バイ・ケースなので、なんともいえませんが、私の同級生は二人ほど、短大卒なんだけど民間の日本語学校で働けていました。

はづき
求人に応募するタイミングにもよります。

ただ、お二人とも結局は日本語学校で教えながら忙しい合間をぬって、「放送大学」に編入して大卒の資格を取られました。

これって、ほんと大変だと思うんですよね。日本語教師は1年目が準備に追われる毎日です。

だから、「420時間の日本語教師養成講座」を選ばれる方で、大卒の学歴がない方は、その講座中に大卒の資格も取ってしまうことをオススメします。

あとは最近、公認された通信講座を選べば「420時間の日本語教師養成講座」も資格として認められるようになったようなのですが、この場合も模擬授業が足りなくなってきます。

日本語教師として無事採用されるようにするには、模擬授業で練習やフィードバックがもらえる講座を追加して受けることをオススメします。

3.日本語教育能力検定試験に合格

試験に合格するのは、学歴や年齢などが問われない、すごくフレキシブルな方法です。

日本語教育能力検定試験に向いているのは、「安い費用でも試験に合格すればいいと思っている人」や「地方や海外在住で通学しにくい人」です。

合格率が約26~30%と民間レベルの試験としては難しい部類に入ります。ただ、大学や他の検定試験に受かった人なら、勉強の進め方は似ていると思います。

はづき
普通の資格試験などの勉強とほぼ同じです。

全くの独学で、本を見ながら進める方法と通信教育を受ける方法があります。

どちらを選ぶのかは好みの問題なのですが、続けられるのは通信教育に軍配が上がるかと思います。ペースを作りやすいですしね。

ただ、試験に合格するだけだと模擬授業がなくて実践力が足りないので、オプションで日本教師養成講座をやっている学校の「模擬授業コース」をとることをオススメします。

結局、社会人になってからから日本語教師になるには「日本語教師養成講座420時間を修了」か「日本語教育能力検定試験に合格」を選択することになります。

420時間の日本語教師養成講座を目指したい方向けに、下記のコラムでおすすめの講座をお伝えしています。

日本語教育能力検定試験の合格を目指す方にも、下記のコラムでおすすめの講座をお伝えしています。

私が養成講座で日本語教師になった理由

結論からいうと、私は50万円ほどをかけて日本語教師養成講座420時間コースの通学コースに通いました。現在は60万〜70万円ぐらいに値上がりしているようです。

理由は以下の3つです。

  • 1.単純に知り合いが欲しかった
  • 2.検定試験の合格率が思ったよりも低かった
  • 3.養成講座は教育実習や模擬授業がある

1.単純に知り合いが欲しかった

私は地方に夫の転勤についてきていたので、その地方には友だちが台湾人の子ぐらいしかいませんでした。

だから、そこに住んでいる人と交流がしたかったのです。

運に恵まれ、とてもステキな人達と一緒に学ぶことができました。ときに、励まし合って、課題などを乗り越えた感じです。

年上の方も多かったので、色んな知恵をお借りすることもできました。これは、とっても嬉しいメリットでした。

2.検定試験の合格率が思ったよりも低かった

令和元年度は、応募者、全科目受験者共に過去最高の人数で、応募者 11,699 人、全科目受験者 9,380 人、合格者は 2,659 人でした。受験者に占める合格者の割合は約28%となっています。

合格率は昭和 63 年からの推移では、17%〜26%の間で推移しているのです。結構、難しいんです、「日本語教育能力試験」って。

他の国家資格なんかと比べると高い合格率ですが、1/4しか受からないというと、ちょっと本腰をいれて勉強しないとなという感じです。

だから、単純にコツコツと通えば取れる可能性が高い、養成講座 420時間コースの通学コースを選びました。

3.養成講座は教育実習や模擬授業がある

日本語教師になるにあたり、私は実際に教える練習をする(教育実習や模擬授業)が最も重要だと感じました。

この判断は、間違っていなかったと思います。

なぜなら、日本語学校で仕事を得るとき、大抵は面接の他に模擬授業の試験があるからです。外国で教えるときは、スカイプなどで面接をすることも少なくありません。

日本にしろ、海外にしろ、日本語学校で教えるときは元同僚や日本語教師養成講座の同級生の紹介などで、模擬授業をしないというケースもあります。

しかし、未経験から仕事を得るには必須だと思っていてよいでしょう。

海外で働くのに日本語教師の資格は必要?

海外で日本語教師として働く場合でも、日本国内と同様に日本語教師の資格が必要になるでしょう

もちろん、ボランティアとして日本語を教えるレベルであれば、国・地域によっては資格を要求されないこともあります。

では、420時間の日本語教師養成講座の修了と日本語教育検定試験の合格はどちらがいいのでしょうか。

もちろん、養成講座のほうが就職には有利ですが、試験の合格だけでも採用される可能性はあります。

海外では日本語教師のなり手が少ないので、未経験でも「試験に合格してればいい」といった条件だけで採用される場合があります。

何をするの?日本語教師1年目の仕事内容

非常勤講師なのか常勤講師なのかにもよりますが、基本的に一年目はすべて新たに教案を作る必要があります。

そもそも日本語教師の教案とは?

授業の前に、授業の目標(ゴール)や時間配分、使用教材、会話のやりとり、などをまとめたものです。

中学校などの一般的な学習指導案は1年間でどこまで教えるか、内容をどうするのか作成することと違い、どちらかというと1回ごとのテーマにそった模擬応答集のようなものです。

特に日本語教師の1年目は、この教案作りに時間を割かれるので、授業よりもこちらの時間のほうが長くかかるくらいです。

教案づくりはどのくらいかかる?

クラスが初級なのか上級なのかなどによっても違ってきますが、目安は1コマ50分として最低でも1~2時間はかかる、と思ったほうがよいでしょう。

例えば、1日5コマを授業すると考えると、5~10時間もかかる計算になりますね。この教案づくりが難しい理由は、完成かどうかを決めるのが自分次第であることです。

なので、やろうと思えばどれだけ時間があっても足りなくなってしまうことになります。ただ、経験積めば、教案のフォーマットもたまるので楽になってくるでしょう。

ただ、やっかいなのが日本語学校によって作り方が違うこと。特に「導入の仕方」がバラバラで、学校が変わると方針が変わることも。

教案づくりの方法は?

多くの学校では、教科書として有名な「みんなの日本語」を使うことになると思います。

これには手引書というものがあって、『みんなの日本語初級I 第2版 教え方の手引き』という本を活用する方法です。

初めて教案を作るときは時間がかかりますが、一通りの授業(課)をやってしまえば、次からはマイナーのアップデートですみます。

特に、420時間の日本語教師養成講座であれば模擬授業があるので、授業で作った教案も下敷きとして活用できるので残しておきましょう。

とある一日の日本語教師の働き方

日本語教師としての1日のスケジュールは、以下のとおりです。

7:00起床。
8:00日本語学校へ出勤。資料のコピーや生徒さんの属性などをチェック。教案の見返しなど。
9:00〜9:501クラス目(グループ・レッスン)の授業
10:00〜10:502クラス目(マンツーマン・レッスン)の授業
11:00〜11:503クラス目(グループ・レッスン)の授業
11:50〜14:00昼食休憩と教案の見返し、教材のコピーなど。
14:00〜14:504クラス目(マンツー・マンレッスン)の授業
15:00〜15:505クラス目(グループ・レッスン)の授業
16:00〜16:30引き継ぎノートの作成と各先生への引き継ぎの電話。次回授業のための教案手引書と使えそうな教材のコピーなど。
17:30帰宅
17:30〜19:00家事など
19:00食事と入浴
20:00〜24:00次の日の授業教案の作成。宿題の添削など。

1日のスケジュールをご紹介しましたが、これが週5日となると授業の準備をする日がないので、休日を使って準備をすることもありました。

ただ、非常勤などの場合は日によって出勤日が有る時と無い時があるので、休みの日に準備をすることになるでしょう。

この準備というのも人によって様々で、細かく教えたいと思えば思うほど作成に時間がかかます。

そのため、日本語教師になったばかりなら、どこまでやればいいのかが分からないということもあります。

まとめ:日本語教師になるための3つの方法

今回のコラムでは「【日本語教師になるにはコレ!】資格は必要?仕事内容と働き方」をご紹介しました。

基本的な日本語教師の資格を取得する方法は、下記のとおりです。

  1. 大学・大学院で日本語教育を専攻・副専攻の修了
  2. 420時間の日本語教師養成講座の修了
  3. 日本語教育能力検定試験の合格

今後、日本語教師の需要や求人は増えていくと私は考えています。

現在、日本語教師は国家資格として認められる職業になる可能性がある魅力ある仕事です。

ただ、日本語教師を目指す前にメリットとデメリットを考慮して資格を取得する方法を決めましょう。

目次
閉じる