日本語教育能力検定試験

【420時間の日本語教師養成講座】アルクの通信講座では取れない?資格の違いや取得方法

アルクの通信講座で日本語教師になれるか知りたい人向けです。

本語教師になるには420時間の日本語教師養成講座を受けないといけないのかな。アルクの講座なら費用が安いけど、取れるのでしょうか。
はづき
はづき
このコラムを読むと、アルクの通信講座が420時間の日本語教師養成座に該当するかが分かります。

日本語教師の資格を取得するのに、アルクの通信講座に興味を持っている人が多いと思います。

通信講座を修了して日本語教師の資格が取れるなら、費用も安く済むかもしれないと思う人も多いでしょう。

では、本当にアルクの通信講座を修了すれば日本語教師の資格を取得できるのでしょうか。

そこで、今回は「【420時間の日本語教師養成講座】アルクの通信講座では取れない?資格の違いや取得方法」をご紹介します。

アルクは420時間養成講座でない理由

アルクのNAFL日本語教師養成プログラムは、日本語教育能力検定試験の合格を目指した講座です。そのため、420時間の日本語教師養成講座としては認められていません。

もし、講座に双方向での対話が可能なウェブ講座やスクーリングが含まれていても、通学が主ではない講座の場合は420時間以上の研修をしたとは認められない、との見解が法務省から示されています。

なので、「日本語検定講座」や「日本語教師養成資格取得講座」という名称になっているので、誤解しないように注意が必要です。

\まずは、無料の資料請求から/

NAFL日本語教師養成プログラム

割引価格で教育実習が受講可で安心!

↑目次へ戻る

アルクの通信講座は試験対策講座

アルクの通信講座は、日本語教育能力検定試験の対策講座です。

日本語教師になるのは、主に「大学や大学院で日本語を専攻or副専攻をして修了」「420時間日本語教師養成講座の終了」「日本語教育能力検定試験の合格」の3つとされています。

資格がなくても日本語教師として日本語を教えることはできますが、一部の学校では資格が必須である場合や求人条件のとして記載されている場合があります。

そのため、日本語教師になるには大学などで日本語を学ばない限りは、「420時間の養成講座」と「試験の合格」を目指すのが一般的です。

↑目次へ戻る

420時間の養成講座VS検定試験の合格

420時間の日本語養成講座の修了と日本語教育能力検定試験の合格のどちらがいいのか?ということです。

日本語養成講座は時間をかけて修了することがができれば取得できますが、費用は数十万円もかかります。

一方、試験の合格には独学や通信講座を利用すると数万円で取得できますが、合格率が約26%前後と難易度が高い特徴があります。

しかも、日本語学校で働く場合には資格以外にも模擬授業があることも多いので、それぞれのメリット・デメリットを比較してどちらを選ぶかを検討する必要があります。

個人的には、日本語教師として生計を立てていくなら、420時間の日本語教師養成講座がおすすめです。私も受講して日本語教師になりました。

ただ、それでも試験の合格を目指さないといけない人もいますよね。どのような人が向いているのでしょうか。

↑目次へ戻る

講座修了より試験の合格が向いている人

420時間の日本語養成講座は必ず一部の学科では通学が必要になるのため、時間に余裕がある人ではないと模擬授業の準備などを含めると厳しいでしょう。

しかも、講座に申し込むにしても数十万と費用がかかるので、まずは費用がかけられないのであれば、迷わず試験の合格を目指すべきです。

必ずしも模擬授業ができないと就職ができないわけではなく、日本語学校の模擬授業だけを受けられるセミナーなどで教育実習を補うこともできます

↑目次へ戻る

アルクは420時間養成講座NGな理由まとめ

今回のコラムでは、「【420時間の日本語教師養成講座】アルクの通信講座では取れない?資格の違いや取得方法」をご紹介しました。

アルクの日本語教師資格取得講座は、420時間の日本語教師養成講座の対象にはならず、日本語教育能力検定試験の合格を目指した試験対策の講座になります。

試験の対策講座としてアルクは通信講座の大手で安心感もあるため、講座を利用して試験の合格をされています。

420時間の養成講座を利用したほうがいいのか、試験の合格を目指したほうがいいのかは、日本語教師になりたい人の時間や資金などが関わってきます。

まずは、資料の取り寄せをして内容を詳しく確認してみましょう。

\まずは、無料の資料請求から/

NAFL日本語教師養成プログラム

割引価格で教育実習が受講可で安心!

↑目次へ戻る