日本語教育能力検定試験

【アルクで日本語教師】費用は安い?高い?資格を取得するためのコスト

アルクで日本語教師資格を取りたい人向けです。

日本語教師養成講座に通いたいけど、費用はどのくらいかかるのかな。アルクの値段はいくらかな。講座料金以外にもかかる費用がかかるののかしら。
はづき
はづき
このコラムでは、講座料金以外かかる費用や給付金について紹介しています。

おそらく色々と調べている人になかには、420時間の日本語教師養成講座を受講するのが確実なのかなと思っている人もいるでしょう。

ただ、その他に日本語教師になるために「日本語教育能力検定試験に合格する」という方法があります。

この試験対策の講座で人気なのが「アルクのNAFL日本語教師養成プログラム」。

ちなみに、NAFLとは「Nihongo as a Foreign Language」を意味し、「ナフル」と呼ばれています。

試験の合格が必須ですが、費用が420時間の養成講座が数十万かかるのに比べて安いことが大きなメリットです。

では、アルクで学ぶにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

そこで、今回は「【アルクで日本語教師】費用は安い?高い?資格を取得するためのコスト」をご紹介します。

アルクの日本語教師養成講座の費用

料金
アルクの日本語教師養成講座のコースは2つです。

  • NAFL日本語教師養成プログラム:103,400円(税込・送料込み)

日本語教育能力検定試験の対策講座。標準学習期間は3~12ヶ月(1年間延長可:6,600円)。テキスト24冊、CD7枚の他に試験対策問題集、模擬テスト1回分などが費用に含まれています。

\まずは、無料の資料請求から/

NAFL日本語教師養成プログラム

割引価格で教育実習が受講可で安心!

↑目次へ戻る

教育訓練給付制度の対象外に注意!

アルクの公式ページを確認しましたが、現時点では教育訓練給付制度の対象講座には含まれていないようです。

教育訓練給付金とは、厚生労働省が管轄する「雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度」です。

雇用保険の被保険者期間が3年以上の対象者が厚生労働大臣指定講座を受講し、修了した場合に本人が支払った教育訓練経費の20%(上限10万円)に相当する額が給付金として支給されます。

アルクの2つの講座ともに対象には含まれていないようですが、変更があるかもしれないため、ご自身で公式サイトでご確認ください。

↑目次へ戻る

結局、アルクで学ぶ費用は高い?

正直、アルクの日本語教師養成講座は費用が約10万円と安くはありません

ただ、420時間の養成講座が数十万円かかると考えると、アルクで学ぶと約10万円は安く感じるでしょう。

あとはアルクで学ぶメリットがどこにあるか?かを考えることが大切です。

アルクで学ぶメリットは、以下のとおりです。

アルクのメリット
  • 420時間養成講座より費用が安い
  • 通信教育なのでどこでも受講できる
  • 有料で実践プログラムが受けられる

420時間養成講座より費用が安い

420時間養成講座の費用は数十万円かかりますが、アルクの講座なら約10万円からです。お金がかけられないなら、必然的に試験合格を目指すことになるでしょう。

通信教育なのでどこでも受講できる

教育実習がないので、日本・海外でどこでも受講できるのが魅力。しかも、通学しないので自分のペースで、子どもさんや家事の間でも学習が可能です。

有料で実践プログラムが受けられる

一般的な通信講座では実践する機会はありませんが、アルクでは提携している日本語学校で模擬授業も体験することができます。

アルク「日本語教師養成講座」費用まとめ

今回のコラムでは、「【アルクで日本語教師】費用は安い?高い?資格を取得するためのコスト」をご紹介しました。

アルクの日本語教師養成講座は費用が420時間養成講座と比較して安く済むのが魅力です。

アルクで学ぶ費用まとめ
  • NAFL日本語教師養成プログラム:103,400円(税込・送料込み)

ただ、費用もそれなりにかかるので、講座を受講するかは検討することが大切です。

アルクのキャンペーン情報でお得に受講できることも。まずは、資料請求をして、詳しく内容を確認することから始めてみましょう。

\まずは、無料の資料請求から/

NAFL日本語教師養成プログラム

割引価格で教育実習が受講可で安心!

↑目次へ戻る