日本語教師の基礎知識

【養成講座と検定試験のダブル取得】必要?420時間履修中に検定の合格を目指す意味とは

養成講座に試験対策講座も加えるか悩んでいる人向けです。

日本教師養成講座の受講を考えていますが、試験対策講座も同時に受講しようか悩んでいます。費用も高いし、どちらも取得したほうがいいのでしょうか。
はづき
はづき
どちらかを取得していれば働く上で問題はありませんが、ダブル合格のメリットも大きいですよ。

日本語教師として働くのに必要な条件として、主に「420時間日本語教師養成講座の修了」と「日本語教育検定試験の合格」のどちらが必要ということをご存知の人も多いでしょう。

ただ、養成講座には試験対策講座もセットになった講座もあるので、どちらにするか悩んでしまいますよね。

では、養成講座を受講or修了した人が試験に合格するメリットはあるのでしょうか?

そこで、今回は「【養成講座と検定試験のダブル取得】必要?420時間履修中に検定の合格を目指す意味とは」をご紹介します。

養成講座修了と試験合格の両方は必要?

結論から言うと、現時点では日本語教師として働くのであれば養成講座修了と試験の合格のどちらかで大丈夫です。

ただ、”現時点では”といったのは、日本語教師の国家資格化(仮称:公認日本語教師)になった場合の措置が未定だからです。

議事録などを確認すると、「公認日本語教師になるには試験の合格が必要?」「既に養成講座を修了した人は経過措置がある?」「検定試験とは別の試験ができる?」などがあり、まだ確定していません。

そのため、今度は養成講座を受講して試験の合格を目指すことになる可能性もあります。

では、なぜ現時点では養成講座の修了と試験の合格のどちらかでいいのでしょうか?

日本語学校の求人募集では、主に「420時間日本語養成講座の修了」か「日本語教育検定試験の合格」のどちらかを条件にあげているからです。

大学などで日本語を専攻して学んでいない人なら、どちらに該当すれば応募条件として認められることが一般的です。

もちちん、日本語学校によっては420時間の養成講座と試験の合格のどちらも求めている募集条件もあるらしいですが、あまり聞いたことがありません。

↑目次へ戻る

養成講座修了者が試験に合格するメリット

では、わざわざ養成講座を受講or修了している人が検定試験の合格をするメリットはあるのでしょうか?

個人的に思うメリットは、以下のとおりです。

  • 違う角度から日本語を学べる
  • 他の日本語教師と差別化になる
  • 日本語教育への自信につながる

違う角度から日本語を学べる

同じ日本語教育ですが、養成講座と試験では問われる内容が異なる部分も数多くあります。

そのため、学習の内容も変わってくるので、幅広く日本語学習についての知識を得ることができるでしょう。

他の日本語教師と差別化になる

現状で日本語教師をされている人は、ダブルで取得している人は少ないと言われています。働くためなら両方が要らないためです。

ただ、試験の合格率が低いので、ダブル取得すると他の日本語教師との差別化になるでしょう。学校よっては手当がつくこともあるので、ダブル取得をして損にはなりません。

日本語教育への自信につながる

意外と、日本語教育への自信につながる資格を持っているというのが一番大きい理由かもしれません。

養成講座は極端に言うと修了できれば取得できますが、試験は合格が必須です。その試験に合格すれば自信につながるのは言うまでもないでしょう。

↑目次へ戻る

養成講座修了者なら検定試験は簡単?

試験に合格するには対策が必要で、養成講座を受講している、修了しているから簡単になるわけではないでしょう。

全く初めてで検定試験を合格するより、養成講座で学んだ人のほうが簡単に日本語教育検定試験に合格できるんじゃないの?と思われている人もいるかもしれません。

確かに、初めて日本語教育を学ぶ人と比較すれば、専門用語などは理解しやすいですが、養成講座の座学といっても試験の対策講座ではありません。逆に、幅広い内容を学習しすぎることも。

特に、養成講座で学んだ内容が試験に出るわけではありません。もし、同じ内容であれば試験の合格率が約26%前後にはならないでしょう。

養成講座のなかには試験対策講座も別途で受講できることもあるので、ダブルで取得したい場合は最初から検討するのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る

養成講座と試験合格を目指せる講座

日本語教師養成講座だけ、試験対策講座だけ、こういった講座も選択することができますが、最初からどちらも目指せる講座もあります。

例えば、ヒューマンアカデミーの「日本語教師養成講座(通信検定対策付き)」です。

試験対策は独学でも学習ができますが、そこは通信講座を利用して効率よく学習するのもおすすめです。教育給付金制度の対象となっています。

↑目次へ戻る

養成講座と試験合格のダブル取得まとめ

今回のコラムでは、「【養成講座と検定試験のダブル取得】必要?420時間履修中に検定の合格を目指す意味とは」をご紹介しました。

日本語教師として働くならば、養成講座の修了か検定試験の合格のどちらから取得で大丈夫です。

ただ、キャリアや他の日本語教師の差別化を考えるなら、どちらも取得しておいて損にはなりません。

試験の難易度も高いので、ダブル取得しておくと日本語学校で優遇される可能性は十分にあります。

養成講座を受講する予定のある方は、試験対策講座もセットになった講座もあるので検討してみるのがおすすめです。

詳しくは>>>日本語教師養成講座(通信検定対策付き)

↑目次へ戻る