【日本語教師に必要な英語力はコレ!】英語ができないとダメ?

日本語教師になるのに英語力がどのくらい必要かを知りたい人向けです。

外国の人に日本語を教えるなら語学力、特に英語が必要になるのかな。日本語教師に必要な英語力を知りたいです。英語ができないとやっぱり日本語教師になれないのでしょうか。
はづき
英語が日本語教師にとって必須ではない理由をお伝えします。

日本語教師になってよく友人によく聞かれるのが、「英語が話せるんですね」「語学が堪能でしょ」など。

仕事内容を知らない人は、日本語を英語などの別の言語で教えているイメージがあるのでしょう。

では、日本語教師にはどのくらいの英語力が必要なのでしょうか?

そこで、今回は「【日本語教師に必要な英語力はコレ!】英語ができないとダメ?」をご紹介します。

目次

日本語教師になるための必要な英語力は?

結論は、基本的に英語力が必ずしも必要ではありません。その理由を、次にお伝えします。

日本語を教える方法は直接法と間接法がある

なぜなら、日本語を教えるのには日本語を日本語で教える「直接法」と日本語を他の言語で教える「間接法」があります。

ただ、多くの日本語学校では直接法を採用しているからです。

なかには日本語しか話していけないルールがある日本語学校もあるので、英語力が必要とはいえません。

ただ、日本語を学び始めた学生さんたちと普段の会話を楽むには、簡単な英会話を使えるほうがいいでしょう。

実際に、日本語教師の先生はなかには英語に限らず語学の勉強をしている人もいるのは事実です。

そうなると同じ求人条件であれば、英語力がある応募者が採用される可能性は否定できません。

英語ができれば初学者が学ぶ手助けにはなる

日本語教師の場合、学生さんは日本語を学びに来ているので、英語ができれば有利というぐらいです。

ただ、中級者から上級者であれば日本語だけで学習してもらいやすいですが、初学者であれば英語を使ってフォローできるメリットはあります。

もし、生徒が先生を選ぶオンライン日本語教師では、語学力がある先生が選ばれる可能性はありますね。

生徒が英語圏の方ばかりというわけではない

日本語を学びたい生徒のなかには、英語圏の生徒ばかりではありません。例えば、中国圏の人などは英語を話されない方もいます。

生徒にあわせて日本語教師が言語を学ぶというわけにはいかないですよね。

これは英語の先生とも共通していて、必ずしも日本語を話せる必要ないのと同じということです。

ただ、英語に限らず日常英会話ぐらいはできたほうがいい、という意見もあります。

日常英会話ができる英語力とはどのくらい?

JICA青年海外協力隊で海外に派遣される際に必要となる語学力は、英語なら中学卒業程度(英検3級もしくはTOEIC®スコア330点)です。

意外と中学卒業レベルでいいの?と思われた人もいるでしょう。

私はニュージーランドに5年住んでいましたが、日常英会話はできたものの、仕事上での英語がスラスラできるわけはありませでした。

移住した当初のTOEICの点数は800点ぐらいです。800点でも英語ネイティブのニュージーランドでは、現地の人にとってもはおぼつかない英語と言えます。

ただ、ビジネス英語力がスラスラと話せるわけはありませんが、最低限のコミュニケーションなら十分に取れます。

海外で日本語を教える際に必要な英語力

まず大きく分けて、アジア圏と欧米圏で教えることが多いと思うので、そちらをご紹介しますね。

ちなみに日本語学習者の約7割は、中国とベトナムの生徒さんと言われています。

アジア圏

海外でもアジア圏で日本語教師として働く場合は、直説法で教えることが多いです。

英語力を求められることはそれほど多くはありません

ただその国の言葉ができないと、日常生活では英語が必要となってくる場面が多いので、基本的な英語の日常会話はできたほうがいいでしょう。

世界から集まる他の先生方のコミュニケーションもスムーズになります。

アジア圏でも英語力が必要な場合は、例えばシンガポールやマレーシアなどになるでしょう。こちらでは日常的に英語も通じるため、直接法で教えるよりも英語で教える間接方ができたほうが有利です。

欧米圏

こちらは言わずもがな、高度なレベルの英語力が必要になる場合が多いです

TOEICやTOEFLなどの証明もいるでしょう。あとは英語圏の大学をでているなども大きなアドバンテージとなります。

欧米圏で教えるには、英語力の他、日本の大学院をでることも要件にはいったりします。教えたい人が大勢いるので、どうしても要件が高くなるのです。

あとは現地の大学や大学院で教師の資格を取ることが必要になるケースも。行きたい国の事情をしっかりと調べて、準備を進めましょう。

オンラインで教える日本語教師に必要な英語力

オンライン英会話で語学力、特に英語が話せる先生が人気なので、生徒さんを増やすには英語力はあったほうがいいでしょう。

このような世界情勢という理由もありますが、オンラインで日本語を教える働き方が注目されています。

現在は日本語学校で日本語を教えていても、スキルや経験を積んで、将来はオンラインで教えたいというニーズが高まっています。

世界中から日本語を学びたい人がアクセスするので、日本語の初心者が多く、どうしてもコミュニケーションをとるには英語が必要になります。

そのため、実際に日本語教師の忙しい合間をぬって英語も勉強している先生が多かった印象です。

英語の超初心者のための英語学習法とは?

みなさんのなかには学生時代に英語をあれだけ勉強したのに「まったく話せない」「使う機会がない」という人は多いのではないでしょうか。

何故なら、日本で生活する限り、英語を学ぶ必要はほぼないためです。

そのような人がどうやって英語を学習すればいいのでしょうか?そこで、英語の超初心者を対象として私の体験談をお伝えします。

全ての人に当てはまるわけではないですが、何かの参考になればと思っています。

スタートは自己紹介文を作ることから

学習と言っても、いきなり文法や単語帳を開くのはおすすめできません。最初は意識が高いのでやりますが、続かないことを今まで繰り返している人が多いでしょう。

しかも、英語は日本語教師になるための勉強のように必須ではないので、どうしても優先度合いが低くなりがちです。

まず、英語の超初心者が目指すべきゴールは「自己紹介文を作る」ということです。

自己紹介を作成して添削を受ける

自己紹介文の作り方は、ネット検索して見本をまねて自分用にアレンジするか、日本語で書いてから英語に翻訳するかです。

最初はごく簡単なもので構わないので作成したら、英語で読み上げてます。ただ、間違ったまま覚えては意味ないので、誰に添削してもらうようにします。

知り合いだと恥ずかしいので、ココナラやオンライン英会話などで見知らぬ人に添削してもらうのもおすすめです。

自己紹介文が完成したら音読して覚える

正しい文章で作れた自己紹介文が完成したら、何度も音読して覚えます。辞書などを使う必要はありません。ひたすら覚えるだけです。

自己紹介の幅を広げていく

ある程度の自己紹介ができるようになったら、だんだんと内容を増やしていきます。趣味の話や仕事の話を追加していくだけです。その時には自分で作る必要があるので、文法や単語を調べることになるでしょう。

以上を私は実践して、一から英語を再学習しました。その当時はTOEICの点数も低かったのですが、数年間後に試験を受けたときは約800点でした。

ただ、最初はこのレベルから始めたので、続けることさえできれば誰でもできると思いますし、助走がつけばあとは自動的に話す機会が増えていくでしょう。

TOEICの勉強ばかりをしていたのでは、結局は机の上だけで終わっていたに違いないと思います。英語学習は助走をいかにつけるかが大切です。

日本語教師におすすめの英語勉強法

ある程度、超初級の英語学習を脱した方におすすめなのが、「日本のことが英語で書かれた本を活用する方法」です。

日本語教師になると学生から、日本について色々な質問が飛んできます。

「招き猫って何ですか?」
「料理に使うダシって何ですか?」
「日本人はなぜ正月におもちを食べるのですか?」
など。

もちろん、日本語で説明してあげることも日本語学習者にとっては意味がありますが、的確に答えてあげるなら英語で説明したほうがいい場合もあります。

なにより、日本のことを英語でどのようの表現するかも学べるので日本語教師にはとっては一石二鳥

TOEICや英検などの試験勉強をするのも方法の一つですが、そこは仕事に活かした下記の書籍が続けやすいのでおすすめです。

英語で話す「雑学ニッポン」

「日本の衣食住」まるごと辞典

英語で紹介する日本と日本人

オンライン英会話で実践してみる!

英語は使わなければ上達しないので、最後は英会話ができるオンライン英会話レッスンで実践するのが近道

しかも、将来、日本語をオンラインで教えたいと思っているなら、自分で経験してみると生徒の立場が分かるのでおすすめです。

もう、すでにオンラインで英会話学習をしている人なら、フリートークやテキストを使うよりも「日本のことを英語でどのように伝えるかの実践英会話をするほうがいい」でしょう。

日本のことを知らない英語の先生に英語で日本のことを伝えることができるのかを試します。先生も日本の学習者を対象にしているなら、日本のことをテーマにトークができるので喜ばれるでしょう。

実際に私がオンライン英会話を利用していた時は、英語で伝えて、正解に近い英文は関連することが書かれたリンクを送りました。

とにかく、どのような方法でもいいので英語を使う機会を作ることが大切です。これは日本語を学ぶ学生にも同じ事がいえるでしょう。

日本語教師に必要な英語力まとめ

今回のコラムでは「【日本語教師に必要な英語力はコレ!】英語ができないとダメ?」をご紹介しました。

英語力があったほうがいいですが、日本の日本語学校の多くは直接法で教えているので必須ではありません。

ただ、海外で日本語を教えたい人やオンラインで教えたい場合は、語学力があったほうがいいのは当然でしょう。

なので、これから日本語教師になろうとしている方は、まず英語ができなくても心配は必要ありません。

ただ、日本語教師になった後は英語に限らず語学の勉強を進めておくと役立つのは間違いないですね。

目次
閉じる