【フリーランスで日本語教師】ノマド生活できる?新しい働き方

フリーランスの日本語教師として海外でノマド生活に憧れている人向けです。

日本語教師の仕事は給料が安いとか言われているけど、フリーランスでやっていけるのでしょうか。将来は海外でノマド生活をしてみたいけど、できるのかしら。
はづき
世界を渡り歩くフリーランスは憧れますよね。

近年、オンラインで働くフリーランスが増えていると言われています。

特に、フリーランス日本語教師は場所を選ばないので、海外でも働くことができるスタイルとして注目されています。

ただ、フリーランス日本語教師は生活できるのかどうか?でしょう。

そこで、今回は「【フリーランスで日本語教師】ノマド生活できる?新しい働き方」をご紹介します。

目次

フリーランス日本語教師の働き方

フリーランス日本語教師の働き方としては、企業や公的機関での専属トレーナーとして働く方法もありますが、多くの場合はオンライン日本語教師です。

この働き方は、オンライン英会話で英語を教える先生と同じ仕組みで、英語を学びたい学生は専用サイトに登録して、先生を選択してレッスンを受けます。

こういった専用サイトも増えてきていて、最近ではtalki(アイトーキ)などが人気なので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

レッスンの枠を開けるかどうかは自分次第なので、好きな曜日や時間にコマをあけることができます。

そのため、自由な働き方ができるので、フリーランスとして海外でノマド生活をしたい!という方が増えています。

こういったフリーランスとして働きたいと思っている人は多いと思いますが、正直、収入はどうなのでしょうか?

フリーランス日本語教師の収入

実際にフリーランスで日本で日本語教師をされている先生たちに聞いてみると、1コマあたりの単価が1,500円~3,000円と大きく幅がありました。

1日に5コマ授業するとして、1日あたり約7,500円~15,000円になりますね。

週5日働くとして単純計算ですが、月あたりで約15万円~30万円になります。

意外と非常勤で日本語学校で働く場合と比べて大きな差がないと思った人もいるでしょう。但し、専任で働く場合と比べると、年金や保険などは自己負担です。

ただ、単価が低くても生活費が安い海外の国や地域なら海外生活を楽しみながら生活ができるという利点もあります。

最近はオンラインで日本語を教えるフリーランスが増えて、先生同士の競争もあるので、一概に安定しているとは言えません。

では、フリーランスと日本語学校で働く場合とでは、どちらがいいのでしょうか?

フリーランスと学校で常勤として働く違い

フリーランスと比較されるのが、日本語学校で働くこと。それぞれの特徴を比較してみました。

日本語学校で働く場合

安定的に仕事が入り、福利厚生を受けながら先生方から学び、教えながらできるのが日本語学校で働く日本語教師のメリット。

特に、日本語学校によっては専任になると厚生年金などに加入できるので、将来的にも安心して働けるのが魅力です。

一方、デメリットは自分が望む日本語レベルの学生を必ずしも教えることがわけではなく、先生方との人間関係も大切です。授業以外の事務作業も多くなりがち。

何より、給料を自分で決められるわけではないので、学校によっては経験を積んでも生徒が集まらないと収入が低いままということも。

フリーランスで働く場合

授業コマ数や時間を自分で選べる上に、自分で給料を決めることができるので、人気があれば単価を上げられます。

特に、授業の準備が日本語学校と比較すると少なくて済み、学校のイベントなどに参加しなくてもいいので収入につなげやすいでしょう。

一方、デメリットは自己責任になるので、自分から営業(学生を増やす)をしなければ収入が安定していかないということも。

さらに、他の先生との交流が少ないのでスキルが上がりにくいという特徴もあります。

フリーランスに向いている人・向かない人

フリーランスに向いている人と向いていない人は、下記のとおりです。

フリーランスに向いている人

フリーランスで働いている人は給料がどのくらい入るかは自己責任なので、自己マネージメントができることがとても大切です。

ただ、自分でやればやるほど収入につながってくる実感があるのも大きな魅力。

特に、オンラインで働く日本語教師ならどこにいても働くことができるので、日本語学校がない地方や海外でも働くこともできます。

海外を日本語教師として渡り歩くことも可能です。

フリーランスに向かない人

生徒を自分で獲得していかないといけないので、不安定さが気になる人は向いていないといえるでしょう。

生徒さんを獲得するために、基本的には他の先生方との競争になります。

フリーランスの日本語教師も増えているので、自分の強みが活かせるポジションを築けなければいけません。

フリーランス日本語教師でノマド生活まとめ

今回のコラムでは「【フリーランスで日本語教師】ノマド生活できる?新しい働き方」をご紹介しました。

オンライン日本語教師は自由に移動しながら働くという意味では、ノマド・ワーカーとも言えます。

パソコンとインターネットがあれば、日本に限らず世界どこでも働くことができるのも大きな魅力です。

滞在する国によっては、現地で生徒さんを探して、カフェでレッスンなんてこともできるのがうれしいポイント。

ただ、その際はワーキングホリデービザやパートナービザなどの、働けるビザが必要になってくるので注意してくださいね。

目次
閉じる