▶試験合格者向けの教育実習を受けられる学校 詳細

日本語教師がitalki(アイトーキ)で外国語を学ぶ理由

日本語教師がitalki(アイトーキ)で外国語を学ぶ理由を知りたい人向けです。

外国語が話せればいいとは思いますが、日本語教師は日本語で教えるから無理に学ばなくてもいいのでしょうか。

日本語学校では、母語を母語で教える直接法が一般的です。そのため、必ずしも英語などの外国語が話せなくてもいいと考え方もあります。

ただ、外国語が話せると日本語教師として役立つこともあります。特に、外国語を学ぶならitalki(アイトーキ)で学ぶべき

では、そもそそも日本語教師がなぜ外国語を学んだほうがいいのでしょうか。

そこで、日本語教師がアイトーキで外国語を学ぶメリットを紹介します。

目次

日本語教師は外国語を学んだほうがいい理由

日本語教師が外国語を学んだほうがいい理由は、下記のとおりです。

  • 生徒の気持ちが理解しやすくなる
  • 初心者には外国語でフォローできる
  • 海外で日本語教師として働きやすい

生徒の気持ちが理解しやすくなる

外国語の教わり方を実際に生徒として学ぶと、授業にいかせる発見がいくつもあるでしょう。

例えば、生徒の悩みに対して先生の解決法を知ることができます。そして、その方法は自分が日本語教師として日本語を教える際にも活用できます。

さらに、生徒さんの気持ちも理解できるので、自分が生徒になってみるのが一番です。

初心者には外国語でフォローできる

学習初心者は語彙や文法の学習ができていないので、日本語を教えるのは中級者よりも大変です。

その点、外国語ができると母語でフォローができるので、学習者の理解が早まります

そのため、学習初心者が多いの日本語学校では外国語(この場合は英語など)ができると、授業でも役立つでしょう。

海外で日本語教師として働きやすい

日本語教師を目指している方のなかには、海外で生活してみたいという方もいらっしゃると思います。

例えば、近年は韓国語を学びつつ、韓国で日本語教師を目指す方が増えています。そのため、現地での就職の求人に普通に韓国語が話せる教師が応募してきます。

もちろん、現地の言語を話せることができれば、1人になりがちな海外生活ライフも充実しやすくなるでしょう。

では、どうやって外国語を学べばいいかですが、そのような場合にはitalki(アイトーキ)で学ぶべきです。次に、その理由を紹介します。

italkiで外国語を学ぶメリット・デメリット

italki(アイトーキ)で外国語を学ぶメリットとデメリットをお伝えします。

italkiで外国語を学ぶメリット

italkiは費用が安く、色々な言語を学ぶことができる学習プラットフォームです。外国語が学べるのはもちろんですが、日本語教師にとっても役立つことがあります。

例えば、日本語を学びたい学生も数多く登録しているので、オンラインで日本語を教えるが当たり前になるなら、システムに慣れておくことは大切です。

実際に自分が生徒になってみると、どのような先生を選べばいいのか、どういった先生が人気なのが分かりやすくなりますね。

italkiで外国語を学ぶデメリット

デメリットとしては、先生の数が多すぎて選びにくいこと。最近の事情もあり、現場で教えてた先生がオンライン授業へ移行することが増えています。

それは、日本語教師も同じで、登録している先生が激増しているので、授業コマ数(授業経験数)などで差別化ができず、今からitalkiでポジションを得るのは難しくなってきています

そのため、外国語を学ぶ目的ならいいのですが、日本語教師として登録を考えているのであれば何か選ばれやすくなるポイントが必要になるでしょう。

italki(アイトーキ)の料金と使い方

外国語を学ぶのにおすすなitalki(アイトーキ)ですが、料金はアメリカドルでの支払いになります。

一般的な料金は30分で約12米ドル(レートによりますが、約1,800円ほど)です。

料金だけでみれば決して安いというわけではないですが、実はネイティブが数多く登録しているので、ネイティブからマンツーマンで外国語を学べます

しかも、使い方は簡単で、まずは登録した後に気になる先生が見つかれば、初回トライアルを申し込むだけです。

まずは、公式サイトから先生を見つけてみましょう。

>>>italki(アイトーキ)

外国語をアイトーキで学ぶべき理由まとめ

このコラムでは「日本語教師がitalki(アイトーキ)で外国語を学ぶ理由」をご紹介しました。

italki(アイトーキ)で外国語を学ぶメリットは、実際に生徒の気持ちになって言語を教わる経験ができることです。

特に、アイトーキに登録している日本語を学びたい生徒も多いので、オンライン授業に慣れておくのもよいでしょう。

さらに、海外で日本語教師として働いてみたいと考えているなら、一石二鳥です。

>>>italki(アイトーキ)

目次