海外で働く

【海外で日本語教師として働くには】求人情報の見つけ方と応募で確認するべきこと

海外の日本語教師の求人情報を知りたい人向けです。

海外で日本語教師として働くにはどうすればいいのかな。日本からも応募ができるのでしょうか。現地で見つけるなら気を付けるべきことを知りたいです。
かぴらぶ
かぴらぶ
海外の求人情報と応募するときに気を付けるポイントをお伝えします。

今回のコラムでは、「【海外で日本語教師として働くには】求人情報の見つけ方と応募で確認するべきこと」をご紹介します。

海外の求人情報を見つける3つの方法

海外で働くことができる日本語教師の求人の見つけ方は、主に以下の3つです。

  • 青年海外協力隊の求人に応募する
  • 民間の海外派遣プログラムを利用する
  • 現地の掲示板で求人情報を見つける

青年海外協力隊の求人に応募する

公的機関で日本語教師として働くには、日本語教師の経験3年以上などスキルが求められることもあります。

例えば、独立行政法国際協力機構(JICA)が行っている青年海外協力隊なども公的機関に含まれるでしょう。私の知り合いの先生は青年海外協力隊に合格し、トンガに派遣されました。

特にJICAの場合は条件が厳しくない場合もあるので、経験が少ない方でも海外で働くことができる可能性があります。

民間の海外派遣プログラムを利用する

一般の養成講座や日本語学校を運営する学校が、提携校として現地に教師を派遣している場合があります。

この場合、教えたい海外の学校と提携を結んでいる養成講座を受けるのが早道となるでしょう。

その他に「日本語教師インターンシップ」などがありますが、無給や英語圏だと現地の日本語教師のアシスタント程度で授業ができないということも。

民間の海外派遣プログラムを利用する場合は給料や待遇などをよく確認しておきましょう。

現地の掲示板で求人情報を見つける

現地の日本語学校や大学で求人を見つけて申し込む方法です。現地のフリーペーパーや日本人向けコミュニティ掲示板などにも求人が掲載されていることがあります。

最近、海外では日本語教師が不足していることもあり、要件を満たしていれば書類選考やスカイプ、Zoomなどのオンライン面接のみで採用となることもあるようです。

その点、日本で日本語教師の応募した後には模擬授業をすることが一般的なので大きな違いでしょう。

その他にも大学の求人などは他の先生方からの紹介や口コミで見つかることもあります。

そもそも海外の場合は求人数が少ないので、大々的に応募してしまうと選考に手間がかかるのを嫌がる傾向があるので、信頼がおける紹介や口コミが多いのも実情です。

↑目次へ戻る

海外で日本語教師を経験するメリット

日本語教師になる際に日本の学校で探すとなると、非常勤講師から始めるのが一般的です。

まったくの未経験で採用してもらうのは競合も多くハードルが高いと言えるでしょう。さらに、非常勤講師だけでは食べていけないことも少なくありません。

これが海外就職を目指すと、応募要件の敷居も低くなりますし、未経験者でも専任で採用されるケースが多いです。

もし、海外で日本語教師として経験をするだけでも実務経験として認められやすいですし、実績につながります。

意外と日本語教師の資格を得て日本で就職するよりも、一度、海外で日本語教師として働いた後に国内就職を目指すのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る

海外で日本語教師になる方法まとめ

今回のコラムでは、「【海外で日本語教師として働くには】求人情報の見つけ方と応募で確認するべきこと」をご紹介しました。

まずは、あらゆる可能性を考えて、公的機関や民間の派遣会社、現地での掲示板、学校からの紹介など、海外の求人情報を見つけることが大切です。

ただ、労働条件や給料、ビザ問題などいろいろな日本との違いがあるので、応募する際には注意が必要です。

最初は働ける国や学校が限られていても、まずは経験を積むことで大学や欧米圏にも挑戦できるようなスキルや職歴がついてくると思います。

↑目次へ戻る