日本語教師の基礎知識

【海外受講】日本語教師養成講座は海外在住でも受講できる?各講座を調査してみました

海外在住でも日本語教師養成講座を受講できる知りたい人向けです。

現在、ワーキングホリデーで生活していますが、来年には日本に帰国する予定です。海外から日本語教師になるための講座を受講できますか。
はづき
はづき
基本的には実習が必須の420時間日本語教師養成講座は受講できない場合がほとんどです。

海外在住であれば、ある程度は語学ができることが多いので、現地の言語でも日本語を教えることができる強みを活かせることで注目されています。

日本語を日本語を教える直接法であっても、他の言語ができればコミュニケーションも取りやすく、学習者への質問にも的確に回答しやすくなります。

では、海外在住者が日本語教師の資格を取得するために勉強したいなら、どうすればいいのでしょうか?

そこで、今回は「【海外受講】日本語教師養成講座は海外在住でも受講できる?各講座を調査してみました」をご紹介します。

日本語教師の資格取得は海外受講OK?

結論としては、教育実習や模擬授業ができる期間を日本で過ごすことができれば、海外からの受講は可能です。

日本語教師になる方法として、大学や大学院で日本語を専攻するなど以外には、養成講座の修了と試験の合格の2つの方法があります。

日本語教育能力検定試験には受験資格がないので、試験に合格することさえすれば日本語教師の資格が得られます。

一方、420時間日本語教師養成講座には約6ヶ月の実習が必須なため、海外から受講することができないのが一般的です。

ただ、海外でも日本語の需要を感じていて、私はニュージーランドに9年間在住していましたが、友人に日本語を教えて欲しいと頼まれることがありました。

マンガやゲームが大好きで、日本語でダイクレトに内容を知りたかったようです。

なので、海外在住者で日本語教師の資格を取得したいと考えている人は多いと思います。では、各講座は海外受講は受け付けているのでしょうか?

↑目次へ戻る

主要な養成講座の海外対応一覧

ヒューマンの日本語教師養成講座

ヒューマンでは日本語教師養成講座は通学が必要な講座となるため、海外からの受講は出来ません。

ユーキャンの日本語教師養成講座

ユーキャンの海外受講サービスでは「日本語教師養成講座」が対象となっているため、海外でも受講できそうです。但し、海外からの案内資料請求は受け付けていないので注意しましょう。

さらに、国・地域によっては、下記のように申し込みができない可能性があります。

EU加盟国、イギリスおよび欧州経済領域(EEA)の一部であるアイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタインにお住まいの方、
または今後移転される予定のある方からのお申込みはお受けしておりません。
出典:ユーキャンの海外受講サービス

詳細は、ユーキャンの海外受講サービス事務局までお問い合わせください。

アルクのNAFL日本語教師養成プログラム

アルクの講座では海外への配送が可能になっているため、受講することができます。

但し、添削がオンラインのみであったり、受講制限があるので、詳細は下記のサイトからご確認ください。

↑目次へ戻る

海外で420時間養成講座を受講するなら?

基本的に実習が必要な420時間養成講座を海外だけですべて修了することはできません。

ただし、ワーキングホリデーや短期留学中などで日本に帰国する予定がある人は、理論科目だけを通信で受講して、帰国後に通学で実習を受けることもできるでしょう。

海外在住の国・地域などによっても対応できる・できないがあるので、養成講座を提供している機関に問い合わせてみるのも方法のひとつです。

↑目次へ戻る

海外で講座を受講する場合の注意点

日本で受講する場合と比べると、配送料や配送日数がかかること。さらに、添削方法が郵送対応、インタネットのみ、のように講座によって大きく異なります。

海外では荷物の紛失などのトラブルも予想されるので、海外から申し込む際には総合的に判断して受講するかどうかを検討しましょう。

↑目次へ戻る

海外受講ができる日本語教師講座まとめ

今回のコラムでは、「【海外受講】日本語教師養成講座は海外在住でも受講できる?」をご紹介しました。

日本語教師になるための420時間日本語教師養成講座は実習が必要になるため、完全に海外で受講することは難しいでしょう。

そのため、海外で受講するなら日本語教育能力検定試験の合格を目指せる講座なら受講できる可能性が高いです。

ただ、国・地域によっても対応できない場合もあるので、各講座の事務局に問い合わせをしてみましょう。

↑目次へ戻る