【未経験や資格なしでもOK?】オンライン日本語教師の働き方

オンライン日本語教師が未経験や資格なしでも働けるかを知りたい人向けです。

最近、オンラインで働く日本語教師なら海外でも働けるらしい。未経験や資格なしでもなれるのでしょうか。

最近は、オンラインで日本語を教えたいというニーズが増えています。

日本語学校と違ってどこでも働くことができるので、海外生活をしたいと考えている人も多いようです。

ただ、オンライン日本語教師は未経験や資格なしでも登録ができるのでしょうか。

そこで、このコラムではオンライン日本語教師は未経験や資格なしでも働けるのかを紹介します。

なお、オンラインで日本語を教えるなら、日本語教師が数多く登録しているitalki(アイトーキ)で英語などの他の言語を生徒として体験してみるのがおすすめです。

目次

資格なしでオンライン日本語教師はできる?

語学学習プラットフォームの多くは、日本語教師の資格なしでは登録できないことが一般的。やはり、オンライン日本語教師になるには、下記のような日本語教師の資格が必要です。

その条件とは、下記の3つです。

  • 大学や大学院で日本語の専攻or副専攻
  • 420時間日本語教師養成講座の修了
  • 日本語教育能力検定試験の合格

有名な学習プラットフォームのitalki(アイトーキ)では、上記の資格を証明する必要があります。

これでオンライン日本語教師になるには資格が必要だということが分かった。じゃあ、どのように日本語教師になるの?という方は、ヒューマンアカデミー公式サイトをどうぞ。

デジタル版の資料がすぐに自宅で読める

資料請求は無料です。

なお、別コラムのヒューマンアカデミーにの口コミや評判も参考にしてくださいね。

では、日本語教師の資格は持っているものの、日本語学校で教えたことがない未経験でもオンライン日本語教師は出来るのでしょうか?

未経験でオンライン日本語教師はできる?

日本語教育能力検定試験には合格したものの、教育訓練を受けていない方や日本語学校で教えたことがない方でもオンライン日本語教師はできるのでしょうか。

結論は、未経験でもオンライン日本語教師として学習プラットフォームに登録が可能です。

理由は登録には日本語教師の資格が必要なのが普通ですが、その経験は問わないことも。ただ、なかには模擬授業が必要な学習プラットフォームも出てきています。

ただ、最近はオンライン日本語教師を始める先生が増え、登録できたたしても「選ばれるオンライン日本語教師」という条件が必要になっています。

そのため、日本語を正しく教えられる教師が選ばれるので、自然と未経験者は淘汰されるかもしれません。

ただ、なかには日本語で会話ができればいいという学習者もいるので、ニーズは満たすことができるため、後は考え方次第というところでしょうか。

ただ、一般的には日本語学校で教えた経験をもとに、オンラインで日本語を教えるのが王道です。

では、オンライン日本語教師になるほうがいいのでしょうか。次に、オンライン日本語のメリットとデメリットを紹介します。

オンライン日本語教師のメリットとデメリット

未経験や資格なしでも働ける日本語教師のメリットとデメリットをまとてみました。

メリットデメリット
働きたい曜日や時間を自分で選べる
職場の人間関係を気にしなくていい
教えたいレベルの生徒を選べる
自分でレッスンの単価を調整できる
給料や収入が安定しない
生徒に選ばれる必要がある
日本語教師同士の交流がない
ネットワーク環境が重要になる

オンライン日本語教師のメリット

オンライン日本語教師のココはいいな、と思ったポイントは以下のとおりです。

  • 働きたい曜日や時間を自分で選べる
  • 職場の人間関係を気にしなくていい
  • 教えたいレベルの生徒を選べる
  • 自分でレッスンの単価を調整できる

働きたい曜日や時間を自分で選べる

働きたい曜日や時間を自分で調整することができるのが最大の魅力。日本に限らず海外を転々として教えることも可能です。

特に、日本語学校に通勤しなくてもいいので、交通費や移動の時間も必要なく時間を効率よく使いやすいのも魅力でしょう。

職場の人間関係を気にしなくていい

日本語教師は若い人から年配の人まで幅広い先生がおられ、どうしても人間関係でギクシャクすることも。オンラインなら代行をお願いしなくてもいいのが気持ちが楽です。

教えたいレベルの生徒を選べる

オンラインは生徒が先生を選ぶので、気に入らなければリピートしないので、必然と教えたいレベルの生徒が集まりやすいのが特徴です。指導経験が少ないレベルを教える必要が少なくなります。

自分でレッスンの単価を調整できる

日本語学校では生徒の数や経験によって単価が決まっていることが一般的です。ただ、オンライン日本語教師なら自分で単価を上げることができます

では、逆にデメリットはあるのでしょうか?

オンライン日本語教師のデメリット

オンライン日本語教師のココは悪いな、と思ったポイントは以下のとおりです。

  • 給料や収入が安定しない
  • 生徒に選ばれる必要がある
  • 日本語教師同士の交流がない
  • ネットワーク環境が重要になる

給料や収入が安定しない

レッスンが必ず入るわけではないので、日本語学校で働く場合と比べて待機時間が増えることも。しかも、手数料を除いた時給は1コマ(50分)当たり約850~1,500円前後と決して高いわけでありません。

学習した人に選ばれる必要がある

1対1なので、良い評価や悪い評価がダイレクトに反映しやすい実力主義。日本語が正しく教えられるというだけでは選ばれにくいので差別化が必要になります。

日本語教師同士の交流がない

日本語教師の先輩や同僚からの指導や情報共有が得られにくいでしょう。そのため、教授スキルを上げにくいのもネックです。

ネットワーク環境が重要になる

オンラインなのでネットワーク環境が整っているかがとても重要です。教師のなかにはiPadなどのアイテムを使うこともあるので、そのような出費も必要になることも。

オンライン日本語教師のプラットホーム一覧

登録できる学習サイトは、主に以下のサイトです。

  • italki(アイトーキ)
  • ココナラ
  • cafetalk(カフェトーク)
  • ジモティー

それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

italki(アイトーキ)

italki(アイトーキ)は、オンライン日本語教師のプラットフォームとして人気です。

日本語に限らず、130以上の語学が学べることで海外では主流な学習サイト。学習したい人と講師をつなぐマッチングサービスです。

既に数百名を超える日本語教師が登録しています。最近では、YouTubeでオンライン日本語教師を目指そうといった動画をよく見かけるようになっています。

ただ、登録者数が増加したことから、登録に審査や講習会の参加が条件のように厳しくなっていますね。

>>> italki(アイトーキ)

ココナラ

ココナラは、個人のスキルを売り買いすることができるサービスと人気です。500円からサービスを購入することもできるので、気軽に利用できます。

このココナラにも語学のカテゴリーがあり、日本語で検索すると「日本語を教えます」のタイトルが数多く見つかります。

特に、登録も無料で簡単にできるので、日本に在住している日本学習者にとっては利用しやすいでしょう。

>>>ココナラ

cafetalk(カフェトーク)

カフェトークとは、語学に限らず、様々な習い事をマンツーマンで学べる学習サイトです。その習い事に外国語の学習があり、日本語が含まれています。

日本語のキーワードで検索すると、すでに数千のレッスンが出てきます。特に、ニーズに合わせた検索ができるので、試験対策講座やカジュアルに学びたいなど細かく設定が可能です。

もちろん、多言語で表示できるので、海外からのアクセスも可能です。

海外からのニーズは、日本語を真剣に学ぶというよりも興味があるレベルが多いので、意外と外国語でフォローできる人が好まれやすいでしょう。

>>>cafetalk(カフェトーク)

ジモティー

地元の掲示板ジモティーは、その名の通り日本全国の各地域ごとの地元情報を掲載するサイトです。

このジモティーには語学を教えるカテゴリーがあり、日本語教師として日本語を教える人からカジュアルに会話相手として登録している人もいます。

学習者とは、主にZoomなどを使って日本語を教えます。ただ、なかには実際にカフェなどで日本語を教えることもできます。

>>>ジモティー

日本語教師になる資格を取得するには?

実は、日本語教師として働くために資格は必要ありません。ただ、多くの求人情報では資格の取得が条件になっています。

実際に日本語を教える資格を得るためには、以下の3つの方法があります。

  1. 大学や大学院で日本語課程の修了
  2. 420時間日本語教師養成講座の修了
  3. 日本語教育能力検定試験の合格

1.大学や大学院で日本語課程の修了

大学や大学院で日本語教育の課程を修了する方法です。特に、公示校と呼ばれる日本語学校で日本語教師として働くには四大卒が必要です。

もし、四大卒の資格を持たれていない方や日本語を基礎から学問として学びたい方向けですね。

ただ、40代から大学や大学院に入りなおすのは簡単ではないかもしれません。

2.日本語教師養成講座の修了

四大卒あれば、420時間の日本語教師養成講座を修了するのが王道です。模擬授業もたくさんあるので、教育経験がない方でも実践を積むことができます。

ただ、費用が受講料として約50万円以上はかかる上に、最低でも6ヶ月ぐらいはかかるのが難点です。

なお、どの講座がいいかは、別コラムのおすすめの費用の安い日本語教師養成講座も参考にしてください。

3.日本語教育能力検定試験の合格

日本語教育能力検定試験の合格は、費用が養成講座と比べると安く、独学でも受験できるのが魅力です。

ただ、合格率が約26~30%と民間レベルの試験としては難しい上に、年に1回しか受験できません。

なお、どの講座がいいかは、別コラムのおすすめの日本語能力検定試験の対策講座をどうぞ。

オンライン日本語教師の働き方まとめ

今回のコラムでは「【未経験や資格なしでもOK?】オンライン日本語教師の働き方」を紹介しました。

オンライン日本語教師は自由に働く時間や場所を選ぶことができるので、やってみたいと思っている人は多いと思います。

オンライン日本語教師になるメリットとデメリットを知っておきましょう。

メリットデメリット
働きたい曜日や時間を自分で選べる
職場の人間関係を気にしなくていい
教えたいレベルの生徒を選べる
自分でレッスンの単価を調整できる
給料や収入が安定しない
生徒に選ばれる必要がある
日本語教師同士の交流がない
ネットワーク環境が重要になる

未経験でも資格があれば日本語教師として専門のサイトに登録ができるので、レッスンをすることはできるでしょう。

ただ、自分の成長を考えると、一度は日本語学校で経験を積んでからのほうが単価も上げやすくなります。

オンライン日本語教師で登録して、副業としてもできるのでチャレンジしてみることは大切ですね。

まずは、オンラインでどのように語学が学べるか体験するには、italki(アイトーキ) がおすすめです。

なお、オンライン日本語教師が副業でできるかは、下記のコラムも参考にしてくださいね。

目次