日本語教師能力検定試験

海外で日本語教師になるには?〜日本語教育能力試験についての質問

今日は、こんなご質問にお答えしたいと思います。

Q:近い将来、海外で日本語の先生をしたいと思っています。

日本語教育能力検定試験の合格は、あくまでの日本の資格なので、実際に現地に住みながら、自分が働く学校を求人で探す場合、この資格の合格証が一般的に海外でも認められていますか?

A:はい。基本的には、認められています。ただ、どこの日本語学校もだいたい採用の際、模擬授業をやらされるので、日本語教育能力試験に合格しただけでは、採用までいたるかわかりません。

実践的な講座もあわせて受講することをオススメしています。

あとは、大学などで教えたい場合は、国によって、修士が求められたりもします。

どんな資格が必要かは、立地にもよる

アメリカなのか、中国なのか、ヨーロッパなのか、インドなのか、どの国で就職を希望するかで、求められる資格は変わってきます。

欧米では、修士以上が求められ、「日本語教育能力検定試験」では太刀打ちできません。

それも、日本語教師としての豊かな経験と語学力も求められるでしょう。

一方で中国の一部大学では学歴も学部卒、能力検定も採用条件の一部に含めている場合もありますが、

私の友人は、「420時間の日本語教師養成講座」の終了だけで、たまたま養成講座の講師をされた、自分が通っていた大学の先生に、中国の大学での仕事を紹介してもらっていました。

どんな待遇を求めているのか?大学なのか、現地の日本語学校なのか?はたまた青年海外協力隊か?

例えば大学なら教授や非常勤講師のポスト、民間の会社員としてコールセンターの指導を日本語教師としてするという求人もあります。

あとは、例えば、日本に看護師さんや介護士さんを派遣するために、その日本語教育をしてほしいなんてお仕事もあります。

IT関連の、企業派遣のお仕事も多いですね。そのIT企業に行って、日本から仕事を受注するために、日本語を社員に教えるのです。フィリピンやインドなどが主にあげられると思います。

また、青年海外協力隊、という選択肢もありえます。

これは、完全なボランティアだと思っている人も多いですが、実は現地滞在費の他に、派遣期間を終えると、確か200万円ほどが支給されるのです。

これは、日本国民が納めた、税金で支払われています。

おおむね日本語教育能力検定の合格が採用の基準になるのは、海外協力隊でも同じなようです。

さらに、大学の教授ポジションで、日本語教育能力検定合格を採用基準として組み入れている国々もアジア圏を中心に多く散見されます。一方で欧米の教授職ではほぼみられないと思います。

欧米で、大学教授にまでなってしまえば、生活は安泰でしょう。

日本と関わりのある企業も、現地採用にはなりますが、その国で生活するには充分なお給料がもらえると思います。

アジアの大学も、現地の大学の先生と同じくらいはもらえることが多いでしょうが、私の友人は、中国では不自由なく生活できても、日本に帰ってくる飛行機代や滞在費まではまかなえないと嘆いていました。

問題なのは、現地の日本語学校です。

これは、はっきりといって、お給料が安いです。日本語教師、特に大人数を受け持つクラスの先生は、毎日授業の準備に追われます。

なのですが、お給料は、とても低いところが多いです。
ですが、一口に海外の日本語学校といっても、色んな待遇があります。

なかには、現地までの飛行機代支給とか、社宅を完備とか、保険も入れるよとか、ビザの取得費用も半分負担とか、色々です。

まずは、日本語教師の海外求人を定期的にチェックしてみることをオススメします。

有名なサイトとしては、以下のとおりです。

☆国際交流基金

☆日本語教師の集い

☆欧米の日本語教師求人サイト

あとは、普通に「日本語教師 海外 求人」などで検索すると、たくさんヒットしてくるかと思います。

まとめ

まずは、自分の働きたい国やスタイル、待遇をある程度決めてから、日本語教師になるべく、どんな資格や講座が必要なのか見極めて行動に移すことをオススメします。

そうでないと、本当は必要でない日本語教育能力試験の合格を目指したり、大学の修士資格が必要なのに、「420時間の日本語教師養成講座」を取ってしまったりと、回り道をしてしまうこととなります。

なんでも経験といえば、そういえなくもありませんが、ある程度将来のビジョンを描いて、それに向かって必要なことを一歩一歩進めていくのがいいかと思います。