日本語教師の給料と待遇

日本語教師の給料や待遇とは?Part2〜需要は増えているけど、狙い目は大学のポスト

こんにちは、元日本語教師のかぴばらです。

今日は、「日本語教師のお給料や待遇について教えてください」という質問にお答えしたいと思います。

需要は年々高まっている日本語教師の求人ですが、実は待遇は一部を除いて、あんまり良いとは言えないのが現状です。

これから、国家資格の「公認日本語教師」制度ができるらしいので、もっと待遇がよくなっていくと予想はしています。

それでは、順番にみていきましょう!

日本語教師は、お給料は安めなことが多い

これは、働いている学校にもよるのですが、いわゆる一般の日本語学校となると、生徒さんが東南アジアから多数来ていることもあり、あまり学費が高くできないので、

日本語教師のお給料や非常勤講師の時給も低めとなってしまいます。

専任になれば、大卒の初任給ぐらいはもらえるようですが、授業の準備や生徒さんたちの生活指導みたいなこともやったり、先生たちのシフトも組んだりといった、より多くの業務をこなすことも求められてきます。

だから、なんだか割りに合わないよなぁ、というのが実情を知った本音です。最初のうちは、準備の時間とかも、とてもかかるので。

ただ、これは日本語教師を続けてベテランになっていくと、準備の時間もだんだんと減って、結果、時給もあがっていくことになるかと思います。準備の時間が少ないと稼働時間が少なくなりますからね ♪

日本語教師って、ボランティアの延長でやっていらっしゃる方も多いんですよね。ただ、この場合、旦那さんがいらっしゃったり、年金をもらえていたりと、経済的には困っていない方たちなわけです。

だから、独身で1人で生活費も稼がないといけない!といった割と若い先生たちのためにも、仕事量に対して、もうちょっと待遇やお給料面でも、報われるといいのになぁと思います。

なんとかならないものかなぁと、いつも考えてしまうのです。

海外就職は、特に注意を!

海外の大学などで教える求人も多いですが、これもいわゆる「現地就職扱い」となり、お給料は他の日本人の求人に対して、低めとなっています。

これも経験を積むためだ!と割り切れればいいですが、いざ日本に年に一度は帰国しようと思うと、渡航費も貯金できない、なんてことにもなりかねません。

求人に応募する際には、よくよく待遇面もみてから、応募しましょう。

ビザの申請費用を出してくれるのか、年に1回の帰国チケットを支給してくれるのか、住居の補助はどうか、保険がついているのか、なんていうところも大事なチェック・ポイントです。

あとひどいと思うのは、「お金をとってボランティア扱い」をさせる業者も数多くいいることです。

これは、海外での実務経験が積める!といって、わざわざお金を払って、応募する人も多いのですが、

欧米ではほとんど先生の補助みたいな感じで、自分で授業を運営したり、カリキュラムを組んだりといったところまで経験はつめないと思った方がいいでしょう。

その上、見につく英語力や語学力も微妙なままだったりします。先生たちが日本語を話せるので、外国語を話す機会もあまりないからです。

このボランティアを1年ぐらいしてから、英語学校に入学し直した方と一緒のクラスになったことがありあますが、1年もやっていて、英語力が中級だったことにショックを受けておられました。

あと職歴としては、ニュージーランドでは全然認めてもらえないとのことでした。

欧米で日本語教師をやるのは、本当に狭き門だし、現地で大学に通ったり、日本で修士を取ったりしないと、他の応募者に太刀打ちできないので、この有料ボランティアにはほんと気をつけてください。

同じお金を使うなら、日本語教育能力試験に独学や通信で合格するか、「420時間の日本語教師養成講座」を取ってから、自分で海外の有料の求人に応募した方がいいと思います。そこで、色々と日本語教師として学びながら、お金ももらえる方がいいですよね?

(これはあくまで個人の意見です)

オンラインの時給は、意外にもよい

意外なのですが、オンライン日本語教師の時給は意外にもよいらしいです。オンラインで自由がきくので、安く抑えられているのかなぁとも思ったのですが、時給850円はもらえるらしいです。

まぁ、資格がある仕事なのに、安いといえば安いのですが、他の対面式の非常勤講師をやっても、生徒さん6人くらいを相手にして、準備にも時間がかかって、時給1,200円なんていうところもあったりします。

だから、準備時間も少なくて済み、割と高い料金を払える層に教えられるオンライン日本語教師というのは、これから伸びていく分野なのかなぁと思われます。

資格を取ってはいるんだけど、未経験だという方は、ここからはじめることもできるではないでしょうか。

オンラインの日本語教師については、こちらの記事をどうぞ♪

http://japanese-teacher.main.jp/online/

最終的には、大学のポストを狙うか、企業の授業を持つのがベター

やはり最終的にオススメするのは、大学のポストを狙うことかなと思います。これだと、だいぶ生活も安定してきて、やっと安定した仕事に就けたかなという感じになるかと思います。

これはみんなが狙っていることなので、人脈をフルに使う必要が出てきます。公募にすると、すごい数の人が応募してきてしまうので、大学側も教授の推薦みたいな人を取ることが多いからです。

あとは、きちんと儲かっている企業の出張授業を受け持つと、これも待遇やお給料が安定するかと思います。

私の知っている範囲だと、ラグビーチームの外国人に教えるとか、フィリピンからきたIT関連の仕事をしている研修生を教えるなんていう仕事がありました。

これもちょっと注意が必要で、学校を通してではなく、個人で仕事を取るのがベターです。

というのも、高い授業料を取っていても、結局日本語教師の方に入ってくるのではなく、学校側が多くの取り分を奪ってしまうからです!

結局、私も企業研修もしていましたが、時給は普通の授業と変わらない1,200円のままでした。学校側は、たっぷりともらっているというのに不公平だなと思っていました。まぁ、何事も経験だと割り切って、きちんと準備も手を抜かずにやっていましたが。

番外編:ボランティアをしているつもりになる

もうひとつの考え方としては、若い海外の子たちの教育のためと割り切って、ある意味もうボランティアとして働く、という方法です。

これなら、待遇やお給料に悩まされなくてもすみます。
実際にこういう気持ちでお仕事をされている日本語教師の方々も多いです。

ただそれには、他の本業や、稼いできてくれるパートナーなどが必要となってくるので、誰にでもオススメできる方法ではありませんが、

日本にいながらして、色んな国の生徒さんたちとつながりができるのも、日本語教師の醍醐味です。

だから、あえてボランティアだと思って取り組むというのも、ひとつの考え方なのかなと思います。

実際、現場には、ボランティアだと思って、準備時間も入れて時給に換算すると数百円という感じで働いておられる方もいらっしゃいます。

中国などに行って、半分ボランティアでやっている方もいらっしゃいました。

これだと、特に待遇だけにこだわることもなく、楽しい気分で働けるというメリットもあるかと思います。

私は個人的には、やっぱりこういうボランティアのような人たちに頼り切るんじゃなくて、もっと日本語教師の待遇面も改善していってもらいたいです。

まとめ

これから、日本語教師が国家資格になるに伴い、もっと待遇もよくなっていくことも期待できるかと思います。

待遇やお給料のことだけに焦点をあててしまうと、日本語教師ってどうなんだろうと心配になることもあるかもしれませんが、

それを超えてあまりある「やりがい」や「喜び」というものがあるのもまた、日本語教師のお仕事です。

能力のある素敵な日本語教師の方が多いのですから、政府も力をいれて、これからどんどんと待遇やお給料も底上げされていくことを願っています。

日本語教師の地位向上のためにも、国家資格になるのは、いいことなんじゃないかと思います。

私の経験談が、質問の答えになっていると幸いです。