基礎知識

【日本語教師の給料や年収】時給にすると安いと言われる理由とは?

日本語教師の給料は安いとよく聞くのは本当ですか。専任や非常勤などのアルバイトでも収入が違うらしいのですが、時給にすると、やめておいたほうがいい仕事なのでしょうか。
かぴらぶ
かぴらぶ
日本語教師の年収とか気になりますよね。

日本語教師の需要と共に求人数が年々高まっています。ただ、給料が高いかと言われると決して厚遇されているわけではありません

何故かというと、年金や退職金などもなく、授業の準備などをしている間は給料が発生しないこともあるので、時間に換算すると普通のアルバイトをしているほうが高いということもあります。

では、実際に日本語教師の給料や年収はどのくらいで、なぜ需要があるのに高くならないのでしょうか。

今回は、「【日本語教師の給料や年収】時給にすると安いと言われる理由と現状とは?」をご紹介します。

日本語教師の給料や年収は専任と非常勤で違います

日本語教師の仕事をネットの口コミや評判で調べると「給料が安い」「薄給」「生活できない」などの意見を目にすることがあります。

実は、日本語教師といっても主に「専任で働く場合」と「非常勤で働く場合」によって給料体系が違います

専任で日本語教師として働く場合は給料で言えば、約20万円以上と言われていますが、大学の初任給と同じぐらいでしょうか。

仮に、専任の日本語教師でも約25万円だとしたも年収にすると約300万円になってしまうでしょう。

これが非常勤になると時給制になるので、1コマあたり1,500円~2,000円が相場とされているので非常勤のほうがいいんじゃないの?と思われるかもしれません。

ただ、毎日授業がフルで入っているわけではないので、1日3~4コマということも当たり前です。そうなると、1日で数千円しか給料が発生しないということになります。

では、なぜ日本語教師の給料は安いのでしょうか?

↑目次へ戻る

日本語教師の給料や年収が安くて高くならない理由

働く日本語学校にもよりますが、生徒さんが東南アジアから来ているので学費を高くすることができないのです。

そのため、日本語教師の給料や非常勤講師の時給も低めとなってしまいます。

もし学校の専任になれば、日本で生活をしていけるくらいで大卒の初任給と同じくらいとなります。

ただ、授業の準備や生徒さんたちの生活指導みたいなこともやったり、先生たちのシフトも組んだりと、より多くの業務をこなすことも求められてきます。

だから、なんだか割りに合わないよなぁ、というのが実情を知った本音です。

↑目次へ戻る

日本語教師の給料や待遇が良くならない意外な理由

日本語教師の待遇としては、特に一般的な仕事と変わりませんが、給料も安い割に手当などがないことが普通です。

実は、給料や待遇があまり改善されないのは、日本語教師をボランティアの延長でやっていらっしゃる方も多いんですよね。

そのため、旦那さんがいらっしゃったり、年金をもらえていたりと経済的には困っていない方たちなわけです。

だから、独身で1人で生活費も稼がないといけない!といった割と若い先生たちには、普通の日本語学校で教えると、仕事量に対して待遇はあまり期待できないことになります。

↑目次へ戻る

日本語教師として海外で働く場合の給料や待遇

海外の大学などで教える求人も多いですが、これもいわゆる「現地就職扱い」となり、給料は他の日本人の求人に対して低めとなっています。

これも経験を積むためだ!と割り切れればいいですが、いざ日本に年に一度は帰国しようと思うと、渡航費も貯金できない、なんてことにもなりかねません。

かぴらぶ
かぴらぶ
求人に応募する際には待遇面もみてから応募しましょう。

中国の大学では、住居(2LDKの大学の敷地内の寮)代+光熱費+ネット代は学校もちで、計2ヶ月分、年に2回ボーナスが出ていたそうです。

あとは、年に1回の日本への渡航費もでていたんだとか。10年前で、お給料は、月収3600元(当時約38000円程)だったので、現地で生活して、貯金もできたそうです。

かぴらぶ
かぴらぶ
今の求人は平均で月収7500元ぐらいなので、給料が上がっているようですね。

↑目次へ戻る

日本語教師で給料をもらって働くには労働ビザが必要

海外で給料をもらって仕事として日本語教師をする場合にはワークビザ(労働ビザ)が必要です。

ただ、日本語教師の職歴としては海外では認めてもらえないとのことでした。

同じお金を使うなら、日本語教育能力試験に合格したり、420時間の日本語教師養成講座を取ってから、自分で海外の有料の求人に応募した方がいいと思います。

今度は日本に戻って大学院にいくなり、お金を貯めてから、海外の「日本語教師のための大学のコース」を取るなりしたほうがいいと思うのです。

ただ、欧米の大学のコースは、教育学部なのか、それとも日本語教師になるためのコースなのか国によって必要とされる条件がまちまちです。

自分で行きたい国や地域があれば調べておきましょう。

↑目次へ戻る

日本語教師の給料や年収を高くするならどうすればいい?

日本語教師の給料や年収が低いままだとモチベーションが上がらないので、どうすれば高くできるのでしょうか。

  • 1.大学のポストを狙う
  • 2.企業の出張授業を受け持つ
  • 3.マンツーマンのオンライン授業

1.大学のポストを狙う

最終的にオススメするのは、大学のポストを狙うことかなと思います。これだと、だいぶ生活も安定してきて、やっと安定した仕事に就けたかなという感じになるかと思います。

これは多くの人々が狙っているので、人脈をフルに使う必要が出てきます。公募にすると、すごい数の人が応募してきてしまうので、大学側も教授の推薦みたいな人を取ることが多いからです。

2.企業の出張授業を受け持つ

きちんと儲かっている企業の出張授業を受け持つと、これも待遇やお給料が安定するかと思います。

私の知っている範囲だと、日本企業のラグビーチームの外国人に教えるとか、フィリピンからきたIT関連の仕事をしている研修生を教えるなんていう仕事がありました。

これもちょっと注意が必要で学校を通してではなく、個人で仕事を取るのがベターです。というのも、高い授業料を取っていても、結局日本語教師の方に入ってくるのではなく、学校側が多くの取り分を奪ってしまうからです。

結局、私も企業研修もしていましたが、時給は普通の授業と変わらない1200円のままでした。

経験を積めば自分で企業に営業をして、仕事をもらうことも可能でしょう。今までしてきた企業研修をパワーポイントかなんかでまとめて、自分の名刺を作って、直接営業をかける、なんてこともできると思います。

3.マンツーマンのオンライン授業

マンツーマンのオンライン日本語教師の時給はいいのでおすすめです。オンラインで自由がきくので、安く抑えられているのかなぁとも思ったのですが、時給850円はもらえます。

資格がある仕事なのに、安いといえば安いのですが、他の対面式の非常勤講師をやっても、6人くらいを相手にして、準備にも時間がかかって時給1200円なんていうところもたまにあります。

だから、準備時間も少なくて済み、割と高い料金を払える層に教えられるオンライン日本語教師というのは、これから伸びていく分野なのかなぁと思われます。

資格を取ってはいるんだけど、未経験だという方は、ここからはじめることもできると思います。

ただ、生徒さんは突然に文法の説明とかを求めてくるので、ある程度文法などにも精通している必要があります。あとは、日本文化とアニメですね。これらを通じて、日本語を学びたい人が、世界にはたくさんいます。

↑目次へ戻る

日本語教師の給料や年収が安いと言われる理由まとめ

今回のコラムでは、「【日本語教師の給料や年収】時給にすると安いと言われる理由」をご紹介しました。

日本語教師の仕事ははっきり言って給料が安いです。

ただ、給料だけではない「やりがい」があるのも事実なので、それを分かった上で働くか、給料や年収を上げる努力をするかです。

一番、給料が安定するのは大学で教えることですが、タイミングや人脈がないとなかなか難しいでしょう。

なので、将来はオンラインで日本語を教えることも考えているなら、経験を積んでおくということもありえますね。

↑目次へ戻る