日本語教師の基礎知識

【日本語教師の1日のスケジュール】授業がない時は何をしている?教えるための準備が大切

日本語教師の1日はどのような事をしているか知りたい人向けです。

日本語教師は授業が仕事だと思うけど、その他の時間は何をしているのかな。準備とか1日何をしているか知りたい。

日本語教師は一日をどう過ごしているのか、未経験の方はまだイメージがわかないですよね?

実際に私が教えていた日本語学校でのとある一日を例としてご紹介してみたいと思います。

私が教えていた学校は生徒さんが英語を話す人のみ。1クラス6名程度で毎週学生さんが入学してくる学校でした。

では、実際に日本語教師の1日のスケジュールはどのようになっているのでしょうか?

今回は「日本語教師の1日のスケジュール】授業がない時は何をしている?教えるための準備が大切」をご紹介します。

とある一日の日本語教師のスケジュール

日本語教師としての1日のスケジュールは、以下のとおりです。

7:00 起床。
8:00 日本語学校へ出勤。資料のコピーや生徒さんの属性などをチェック。教案の見返しなど。
9:00〜9:50 1クラス目(グループ・レッスン)の授業
10:00〜10:50 2クラス目(マンツーマン・レッスン)の授業
11:00〜11:50 3クラス目(グループ・レッスン)の授業
11:50〜14:00 昼食休憩と教案の見返し、教材のコピーなど。
14:00〜14:50 4クラス目(マンツー・マンレッスン)の授業
15:00〜15:50 5クラス目(グループ・レッスン)の授業
16:00〜16:30 引き継ぎノートの作成と各先生への引き継ぎの電話。次回授業のための教案手引書と使えそうな教材のコピーなど。
17:30 帰宅
17:30〜19:00 家事など
19:00 食事と入浴
20:00〜24:00 次の日の授業教案の作成。宿題の添削など。

1日のスケジュールをご紹介しましたが、これが週5日となると授業の準備をする日がないので、休日を使って準備をすることもありました。

ただ、非常勤などの場合は日によって出勤日が有る時と無い時があるので、休みの日に準備をすることになるでしょう。

この準備というのも人によって様々で、細かく教えたいと思えば思うほど作成に時間がかかます。

そのため、日本語教師になったばかりなら、どこまでやればいいのかが分からないということもあります。

↑目次へ戻る

授業以外に日本語教師が準備しておくこと

日本語を教える場合には、「日本語を日本語で教える方法」と「日本語を英語で教える方法」があり、学校のスタイルによって異なります。

私が勤めていた学校は英語で教える学校だったので、英語で文法の説明を読んでおいたり、単語を調べたりしておく時間をとられました。

特に「教案」と呼ばれる日本語を教えるための指示書の準備などがあるので、授業の合間や家に帰ってから作成したりしていました

経験を積むと教案も増えていくので、カスタマイズで応用できるように基本的な教案が作れるまで頑張るしかありません。

さらに、専任の場合は非常勤の先生方のスケジュールの作成などもあるので、夜の10:00頃まで学校に残っていることもあるそうです。

↑目次へ戻る

日本語教師の1日のスケジュールまとめ

今回のコラムでは、「【日本語教師の1日スケジュール】授業がない時は何をしている?教えるための準備が大切」をご紹介しました。

1日ハードなスケジュールでも授業がうまく運んで、生徒さんが生き生きと会話を楽しんでくれたときの喜びというのは、何にも変えられません。

なので、「あー、今日も授業の準備しなくちゃな」と家で思いつつ、生徒さんたちの喜ぶ顔が浮かんできて、より多くの準備をしてしまう毎日でした。

あとは、学校が終わった後に、生徒さんたちが待っていて、先生方と一緒に飲みに行ったり食事をしたりすることも結構ありました。

そういう近い間柄(友達みたいな)というのがセールスポイントの学校だったので、一般の日本語学校では入学や卒業のとき以外は飲み会みたいなのはないと思います。

↑目次へ戻る