日本語教師養成講座

【体験談】ここがポイント!日本語教師養成講座の選び方とは

日本語教師養成講座の選び方を知りたい人向けです。

「日本語教師養成講座を選びたいけれど、学校が色々とあって悩んでいます。どうやって講座を選べばいいのでしょうか?」

こういった疑問に元日本語教師が回答します。

最近、日本語教師になるために日本語教師養成講座を受講する人が増えています。

でも、はじめて養成講座を選ぶときには「学校の場所」「講座の料金」「実習の有無」など、一から調べることがたくさんあります。

また、いざ講座を始めても、日本や海外で日本語教師として働くことができるのか心配になることもありますよね。

そのような方の不安を解消するために、今回は「ここがポイント!日本語教師養成講座の選び方」をご紹介します。

このコラムでは、「日本語教師養成講座を選ぶポイント」が分かりますが分かります。

このコラムで、どのような日本語教師養成講座が自分にあっているのかを知りましょう!

【体験談】ここがポイント!日本語教師養成講座の選び方とは

選び方のポイントは以下のとおりです。

  • 日本語教師養成講座の選び方
  • 海外で日本語教師をするなら
  • おすすめの日本語養成講座

日本語教師養成講座の選び方

  • 日本語教師養成講座の基準を満たしているか
  • カリキュラムがしっかりしているか
  • 就職サポート体制が整っているか
  • 自分の目的にあっているかどうか

日本語教師養成講座の基準を満たしているか

最近、日本語教師養成講座の中でも420時間ではない講座をみかけることが増えてきました。

もし、うっかりこれを受講してしまうと、指定機関の日本語学校では働けなくなってしまうことも。

また、「420時間の日本語教師養成講座」でも認可されていないところもあります。

ただ、日本語教育能力試験に合格して上で日本語教師養成講座を取りたいと思っている方は、認可された「420時間」にこだわらなくてもいいかと思います。

実感からすると、やはり「420時間の日本語教師養成講座」終了のほうが実践的な経験をもう積んでいる、とみられるケースが多いです。

カリキュラムがしっかりしているか

講師陣が現役の日本語教師だったり、大学の先生だったりするかというのも、大事なチェックポイントです。

現場での経験が浅かったり、大学で研究をしているわけでもないという人々が教えていたりすると、せっかくの講座も活かせません。

実践的な授業の仕方などについても、しっかりと時間がとられているかをチェックする必要があります。

模擬授業や実習があるものがベターですが、通信などでは日本語教師の先生が実際の授業をしてくれるところをオンラインやDVDで届けてくれるものを選びましょう。

それで大体の授業の進め方を学び、尚かつ、どこかの日本語教師養成講座で、通学で模擬授業をさせてくれるところを追加で受講するのがオススメです。

就職サポート体制が整っているか

日本語教師講座に通う中での、相談などをきちんと聞いてくれそうか、というのも大きなポイントだと思います。

私達の通った講座ではすごく素敵な世話役の日本語教師経験豊富な先生が開講日には常時いらっしゃったので、みんな何かと相談行っていました。

ただの世間話みたいなのものから、この課題どうしたらいいですか?などなど、何でも相談にのってくださっていました。

私は講座を終えた後、就職の相談なんかもできました。

なんかすごく感じの悪い面接があったので、合格したけれど不安になって学校に相談にいったら、何人もの日本語教師がつぶされている人が働いているから、やめておいたら?」とアドバイスをもらい、ギリギリセーフでそういう目にあわずにすみました。

あとは、別のコラムで書きましたが、この世話役の先生が卒業生を紹介してくださって、私は非常勤講師の仕事をゲットすることができました。

本当に今でも感謝しています。

自分の目的にあっているかどうか

どこで、どんな風に働きたいのか前もって考えた場合、その求人にあったコースかどうかというのも講座選びのポイントです。

「大卒が必要」「海外で働くには実務経験が必要」「大学で働くには修士が必要」など、働きたい日本語学校やオンライン日本語学校があれば募集条件を確認しておきましょう。

私の場合はニュージーランドに移住したかったので、英語話者を対象とする日本語学校で働ければ大学とかで教えられなくてもいいやと思っていました。

なので、「420時間の日本語教師養成講座」を選びました。

海外で日本語教師として働くなら

海外で日本語教師として働くという視点で、日本語教師養成講座の選び方を考えてみます。

海外の求人で求められる基準は日本国内とほぼ同じです。420時間の日本語教師養成講座の修了か、検定試験の合格です。

ただ、海外で就職するとなると表に出ない求人情報を得られるかどうか、人脈があるかどうかが大きく採用にかかってきます

元々、海外では求人されていても1名や2名なので、わざわざ広告料を払って求人を出すよりも、知り合いや口コミで採用したほうがいいからです。

広告に載せて募集したい人が多すぎても採用の手間などを考えると割に合わないという考え方もあります。

さらに、検定試験の合格では実践を積んでいないという意味で養成講座の修了している人を優先して採用する海外の学校もあります。

その点は、働きたい国・地域では日本語教師の求人がどうなっているのか、現地の日本語教師がいれば連絡をとってみるなど、情報収集が欠かせません。

単に「海外」ならどこでもいい、という考え方よりも、国や地域を絞って求人情報を集めてから講座を決めるのもありです。

おすすめの日本語教師養成講座

元日本語教師がおすすめの日本語教師養成講座をご紹介します。

私の個人的な考え方は、「通いやすいかどうか」「就職サポートがあるかどうか」「料金が高すぎないか」の3点です。

大学や大学院に編入などをして講座を受講すると「箔がつく」という考え方もありますが、一般的には「ヒューマンアカデミーのような全国規模の養成学校」か「日本語学校が運営する養成講座」かに絞られると思います。

日本国内で日本語教師として働くのであれば日本語学校が運営する学校がおすすめですが、海外で日本語教師として働くのであれば海外就職サポートに強いヒューマンアカデミーのような全国規模の養成学校がおすすめです。

特にヒューマンアカデミーでは検定試験の合格もセットになったコースもあるので、420時間の講座修了と試験合格を同時に目指すのであれば費用も安く、将来就職のサポートもしてくれるので安心です。

自分にあった日本語教師養成講座を探してみましょう!

まとめ:日本語教師養成講座の選び方は就職まで見据えることを意識することです!

さて、いかがだったでしょうか?

日本語教師養成講座の選び方は、講座を修了さえすればいいというわけではなく、修了した後の日本語教師としての仕事をどうしたいか?によって違ってきます。

講座によって強み・弱みが違いだけでなく、就職先の求人条件によっても選ぶ講座の種類が分かってくることも。

もし、どれを選んだらいいかわからないという方は、「まずは自分の目的〜どこで誰を対象に教えたいのか〜をはっきりさせること」が最優先かと思います。

そうすれば、あとは自分の予算と相談して、色々な講座や大学や大学院進学という選択肢の中から自分にあったものを選べるはずです。

ぜひ、日本語教師養成講座を楽しんで受けてみて下さいね!

楽しいことが、待っていますよ。