【オンラインで日本語教師】副業で稼げる?バレる?徹底調査

オンライン日本語教師として副業で稼げるか知りたい人向けです。

日本語教師として働きたいけど給料も安いし、平日は別の仕事をして、週末だけ副業感覚で日本語を教えたいけど、どうなのかな

近年、平日の夜や土日を利用して、副業として日本語をオンラインで教える日本語教師が増えています。

なかには日本語教師はそんな甘いもんじゃない!と本業で教えていらっしゃる諸先輩からお叱りを受けるかもしれません。

ただ、給料が増えない世の中で副業として日本語を教えるのは時代の流れともいえそうです。

そこで、オンライン日本語教師が副業をするメリットとデメリットを紹介します。

なお、オンラインで日本語を教えるなら、日本語教師が数多く登録しているitalki(アイトーキ)で英語などの他の言語を生徒として体験してみるのがおすすめです。

目次

オンライン日本語教師で副業は出来る?

個人的にはオンライン日本語教師で副業はできると思っています。いや、出来る環境がであればやるべきです。

ただ、個人的には副業であれ授業を受ける人にお金をもらっている以上は、相当の価値を相手の方に渡す必要があります。

そのため、「未経験で副業としてレッスンだけをこなす」という人に賛成はできませんが、オンラインだと講師を選ぶのは受講したい人です。

なので、教え方が上手か下手なのかは判断は難しく、見た目や印象、レッスン回数などで選ぶことが多くなりがちという問題があります。

オンライン日本語教師が副業で人気な理由

オンライン日本語教師が副業で人気な理由は、下記のとおりです。

  • 平日の夜や休日の時間を活用できる
  • 月に数万円を稼ぐことはできる
  • 日本語学校ほど準備がいらない

平日の夜や休日の時間を活用できる

自宅で自分の都合がいい時間にレッスンを入れることができることです。レッスン枠を開けておくと、受講したい人が予約をします。

もし、これが日本語学校に通学して準備してとなると、週に1日や2日だけだと労力が割にあいません。

月に数万円を稼ぐことはできる

さらに、一般的なオンライン日本語教師の時給が1コマ1,000円~1,500円なので、週末の5時間ずつ教えたとして月に3~4万円/月は稼げることになります。

既に日本語教師をされていたことがある方や、様々な理由で本業として日本語教師ができない人には副業という選択肢もありますね。

日本語学校ほど準備がそれほどいらない

実は、オンライン日本語教師は準備が大変な受講スタイルではなく、フリートークで相手ができればいいという考え方もあります。

その分、レッスン料が安くなるため、学習者にとってはありがたいし、準備もそれほどいらないことも。

オンライン日本語教師が副業で稼ぐのは今では当たり前になりつつあります。なお、オンラインで日本語を教えるなら、日本語教師が数多く登録しているitalki(アイトーキ)が有名です。

一度は自分が生徒になってみて、英語などの他の言語ならどのような授業が受けられるのか体験してみましょう。

ただ、オンライン日本語教師にはメリットが大きい代わりにデメリットもあります。次に、メリットとデメリットをまとめみました。

副業オンライン日本語教師のデメリット

オンライン日本語教師のココは悪いな、と思ったポイントは以下のとおりです。

  • 待機時間(空き時間)が増える
  • 生徒に選ばれる必要がある
  • 副業はバレる可能性もある

待機時間(空き時間)が増える

レッスンが必ず入るわけではないので、日本語学校で働く場合と比べて待機時間(待機時間)が増えることもあります。

学習した人に選ばれる必要がある

1対1なので、良い評価や悪い評価がダイレクトに反映しやすい実力主義。日本語が正しく教えられるというだけでは選ばれにくいので差別化が必要になります。

副業はバレる可能性もある

本業の会社や日本語学校で副業が認められているかどうか、さらに確定申告で日本語教師の副業がバレる可能性がゼロではないことです。

オンライン日本語教師のよくある質問

無資格でオンライン日本語教師として副業ができますか?

語学学習プラットフォームの多くは、日本語教師の資格がなければ登録できないことがほとんどです。

詳細は、別コラムの【未経験や資格なしでもOK?】オンライン日本語教師の働き方をご覧ください。

未経験でオンライン日本語教師はできますか?

語学学習プラットフォームへの登録には資格が必要ですが、経験の有無は関係ありません。登録さえできれば、後は個人しだいです。

英語が話せませんが、オンライン日本語教師ができますか?

英語は必須ではないですが、オンラインで日本語を教える場合は初学者が多いので、日本語以外の言語が話せるほうがフォローしやすく選ばれやすいのは確かです。

数多くのオンライン日本語教師から選ばれるために、英語などの言語にも力を入れるのは重要なポイントでしょう。

そのような場合は、italki(アイトーキ)で日本語の先生として、英語の学習者として利用するのが両方の立場が分かるのでおすすめです。

オンライン日本語教師の副業まとめ

今回のコラムでは「【オンラインで日本語教師】副業で稼げる?バレる?徹底調査」をご紹介しました。

オンライン日本語教師として週末に副業として働くのは、さまざまな働き方の一つです。

ただ、問題点も多いので、それら踏まえた上で教えないと結果的に本人も受講者も不幸になってしまうことにもなりかねません。

これから日本語教師を目指すなら、フリーランスとしてオンラインで教えたいという人もいると思いますが、なぜ日本語教師を目指すのか、原点に戻って考えることも大切です。

目次