日本語教師養成講座

【日本語教師養成講座の選び方】どうやって選ぶ?ヒューマンアカデミーを基準に選ぶべき3つの理由

420時間日本語教師養成講座の選び方を知りたい人向けです。

日本語教師講座は費用も高いし、養成講座の選び方を知りたいです。ヒューマンアカデミーが最大手らしいけど、どうなのかな。どうやって学校を選べばいいのか知りたいです。
はづき
はづき
ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座を基準にすると選びやすいですよ。

実は、日本語教師養成講座といっても数多くあり、費用や場所もさまざまです。

・自宅から通いやすい学校がいいのかな?
・やっぱり費用が安いほうがいいのかな?
・学校によって就職のしやすさが違うの?

こういった悩みを抱えている人も多いと思います。

実際に、私も養成講座選びで迷いました。

ただ、今だから分かるのは、ヒューマンの日本語教師養成講座を基準に選ぶべきだったと。

では、なぜヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座を基準に選ぶ方がいいのでしょうか?

そこで、今回は「【日本語教師養成講座の選び方】どうやって選ぶ?ヒューマンアカデミーを基準に選ぶべき3つの理由」をご紹介します。

ヒューマンアカデミーを基準に選ぶ理由

ヒューマンアカデミーを基準に学校を選ぶべき理由としては、以下の3つがあります。

  • 学校の規模が大きく修了生が多い
  • 全国に校舎があるので場所を選べる
  • 国内外で日本語学校を経営している

ヒューマンアカデミーでは全国に校舎があり、実際に日本語学校を経営しているので、そこでの就職の可能性もあります。

それだけ規模が大きいので修了生も多く、様々な情報を得ることができます。

案内資料もデジタル版で自宅でその場で読める上に、無料の説明会を開催しています。

そのため、まずはヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座を調べてから他の学校の講座と比較することをおすすめします。

>>>ヒューマンの日本語教師養成講座

ただ、ヒューマンアカデミーというと、次のような反論を受けることがあります。

↑目次へ戻る

反論:ヒューマンは高いから止めるべき

正直、ヒューマンアカデミーの受講料は高いから比較できないよ

確かに、他の養成講座と比較しても一番高いわけではないですが、高いほうに入るでしょう。

ただ、あくまでもヒューマンアカデミーを基準にして自分にあった講座を選べばいいということです。

ここで注意したいのが、費用が安い方が必ずしも良い講座とは言えないということです。

例えば、ヒューマンアカデミーには下記の特徴があります。

ヒューマンアカデミーのメリット
  • 理論科目をe-ラーニングで学べる
  • 修了生が多く人脈を活用しやすい
  • 校舎が全国29校にあるので通いやすい
  • 海外就職サポートが受けられる
  • 理論科目をオンラインで学べる

理論科目をe-ラーニングで学べる

座学になる理論科目をe-ラーニングで学べるのが効率的。2倍速で視聴できるので、学習期間を短縮させたり、何度も見返すときの非常に便利です。e-ラーニング以外でも受講できますが、この一択でいいでしょう。

修了生が多く人脈を活用しやすい

講座を受講生が多く、修了後の人脈がつながりやすいといえます。実は、日本語教師は口コミや紹介で仕事を紹介されるもあるためです。

修了生が情報交換することで、成功体験や失敗談も把握しやすくなっています。

校舎が全国29校にあるので通いやすい

講座を修了するためには実地研修が必要になるため、必ず通学が必要になります。全国に校舎が多いので、地方で養成講座がないとヒューマン一択になりやすいでしょう。

海外就職サポートが受けられる

海外の就職事情は日本国内ではわかりずらいですが、海外にも日本語学校を経営しているので求人情報が手に入りやすく、就職サポート体制が充実しています。

最新の海外の求人情報分かるのは頼りになりますね。

費用だけにとらわれずに修了後も見据えた講座を選びをしたほうがいいでしょう。

他の講座と比較検討する際の基準として利用するべきです。

\まずは、無料の資料請求から/

ヒューマンの日本語教師養成講座

その場で見れる!デジタルパンフレットが便利

↑目次へ戻る

日本語教師になるための学校の選び方

養成学校を選ぶ上で講座費用で選ぶことが多いと思いますが、実は、費用以外にも重要なポイントがあります。

費用以外の主な選び方は、以下の3つです。

  • 通える範囲に養成学校がある
  • 就職サポート力や実績
  • 教育訓練講師の情報や評判

通える範囲に養成学校がある

そもそも日本語教師養成講座は模擬授業などの脅威訓練があるので通学が必要になります。そのため、学校が通えないなら本末転倒なので、近場の学校を探してみるのが基本です。

意外と学費以外にも通学にかかる費用などが必要になるため、自宅や職場から通いやすい場所に学校があることは講座選びではとても重要です。

就職サポート力や実績

養成講座を修了して終わりではく、日本語教師として働くことを目標とされている人も多いと思います。日本語教育業界は学校あたりの求人数は少ないので、いかに求人情報を得られるかが重要です。

就職サポートが受けれるor受けられない、日本語学校を経営している、などを説明会で聞いておくことが大切です。実績として就職先や実際に就職した方に連絡を取らせてもらうのも一つの方法です。

教育訓練講師の情報や評判

養成講座の授業内容はほぼ同じ流れなので、個人的に思う違いは「教える講師の質」。

特に、模擬授業にいたっては講師の教え方が将来の仕事にも影響が出てくるので、学校の説明会やセミナーに参加する時には確認するべきです。

なかには日本語教育について書かれている書籍や論文を執筆している講師もいらっしゃるので、ネットでも検索してみましょう。

↑目次へ戻る

日本語教師養成講座の選び方まとめ

今回のコラムでは、「【日本語教師養成講座の選び方】どうやって選ぶ?ヒューマンアカデミーを基準に選ぶべき3つの理由」をご紹介しました。

日本語教師養成講座を選ぶ上で費用以外のポイントは、以下の3つです。

  • 通える範囲に養成学校がある
  • 就職サポート力や実績
  • 教育訓練講師の情報や評判

上記のポイントを比較する上で、ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座を基準にすると選びやすくなるでしょう。

特に、講座のなかでも人気が高く、その理由を知った上で基準にすることで自分にあった講座かどうか考えやすくなります。

資料請求や説明会は無料なので、色々なことを調べて聞いてみることが講座選びのコツですね。

\まずは、無料の資料請求から/

ヒューマンの日本語教師養成講座

その場で見れる!デジタルパンフレットが便利

↑目次へ戻る