【お金と英語力が手に入る!】英語で教える日本語教師という職業が役立つ理由

英語で教える日本語教師

お金と英語力が日本語教師なら手に入るのは本当なのかな

こんにちは、元日本語教師のはずきです。

基本的に日本語教育は日本語で教える「直接法」というのが主流です。

ただ、最近は英語で教える間接法を求められる求人が多くなってきました。

実は間接法が使える日本語教師には色々なメリットがあります!

そこで、今回のコラムでは英語で教える日本語教師のメリットを紹介します。

このコラムの著者
はづき

日本語教師

プロフィール

「420時間の日本語教師養成講座」を終了して、英語を話す人に教える日本語教師として働いていました。

ニュージーランドにも在住していたこともあり、日本語の楽しさ・素晴らしさを実感しました。

このサイトでは、日本語教師を目指している方向けに役立つような情報をお伝えしています。

さらに詳しいプロフィールは、コチラへ。

目次

英語で教える日本語教師のメリット

それでは、英語で教える日本語教師のメリットについて、みていきましょう。

英会話も学べる

記事のタイトルにもありますが、英語で教えると、まさに英会話を学びながら、お金ももらえるという状況になります。

しかも、相手は先生だという目で見てくれるので、こっちの英語が多少間違っていても、大目にみてくれます。大変有利な立場で、英語を学べるわけです。

というよりも、相手の方が「日本語を学びたい!」という目的があるので、会話を成立させようとがんばってくれます。

ただ、例えば文法事項などは、特別な英単語を覚える必要があります。

私は、以下の教科書を事前に読んで、教案に書き写しておいたりしていました。

著:牧野成一, 著:筒井通雄
¥3,025 (2024/04/02 09:23時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

ただ、日常会話というよりは、日本語を練習するための場面設定など、ちょっと特殊な英会話が必要とされます。

全体的な英語力の底上げができると思っておいた方がいいでしょう。

そして、英語を学びながら、日本語を教える技術も段々と身につけることができます。

時給が高い

英語で教えると、欧米諸国やアジアのお金がある人が生徒さんであることが多いので、直説法の日本語教師より時給が高くなる傾向にあります。

ましてや今円安ですので、生徒さんは総じて日本語レッスンの代金を安いと感じるようですから、さらなる時給のアップも期待できます。

所属する学校にもよりますが、外貨で払ってくれるところがあれば、なおいいですね。これから円安はどんどんと進んでいくと個人的には思っているので、円よりは外貨を稼いでおきたいです。

効率がいい

これは個人的な偏見かもしれませんが、直説法で日本語を教えるというのは非常に効率が悪いし、教師側も導入などといういらない準備時間をとられることになります。

単語だって、英語なら一言で説明がすんじゃいますし。文法事項も英語で教えた方が早いです。

それよりは、サクッと英語で文法事項や単語を説明しちゃった方が早いです。

そして、その空いた分の時間を、会話の練習に当てた方が、効率がいいと思っています。

子どもはまた別ですが、大人は語学を習得する際、自分の母国語で基礎を固める方が習得が早いと思っています。

私も中国語を台湾で初級から学びましたが、先生は英語で教えていました。

日本語もそれがスタンダードに早くなるといいなと思います。

英語で教える日本語教師のデメリット

デメリットについても見ていきましょう。

英語の要件が高い

当然ですが、英語で教えるわけですから、英語の要件は高くなります。

ざっと求人をチェックしてみたところTOEIC730点以上というレベルが求められているようです。

この点数は、コツコツと学習すれば、誰でもクリアできると思います。

私はWeblio英会話というオンライン授業を受けているのですが、まだ有名ではないので値段も手頃で、人気の先生の予約も比較的取りやすいです。

TOEIC教材も選べますが、個人的にはコラムディスカッション、というのが会話力が伸びるかなーと感じています。

教材が限られている

日本語教育教材の多くが、直説法を前提につくられており、間接法の教材はまだまだ少ないです。

ただ間接法の教材も、カード式になっている会話の練習など、直説法でも使えるようなものもありますので、そんなに心配はいらないと思います。

ただ個人的に思うのは、日本教育教材の多くが小さな出版社から発行されているため、電子書籍化されていないものが多いです。

海外で日本語教師をする際には、教材を持っていこうとするとすごい荷物になってしまうので、そこは改善されるといいのになと思います。

ただこれも対処法はありまして、スキャン代行会社のスキャンピーにPDF化してもらうことで、電子書籍にすることができます。

まとめ:英語で教える日本語教師

今回のコラムでは「【お金と英語力が手に入る!】英語で教える日本語教師という職業が役立つ理由」を紹介しました。

英語で教えることに興味が沸いたら、諦めずに是非挑戦してみてくださいね。

間接法で教える日本語教師の数はまだ少ないですから、差別化ができます。

できれば、一年ぐらいは間接法で教える学校で教えてみると、他の先生方からも学べますし、その学校に準備されている教材も使うことができます。

それから、オンライン教師に移行したり、海外で教えたりするとスムーズに進むと思います。

お住まいの地域から養成学校を探す

■北海道・東北: 北海道宮城県福島県

■北陸: 石川県新潟県長野県

■関東: 東京都神奈川県千葉県埼玉県栃木県

■東海: 静岡県愛知県

■関西:京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県

■中国・四国: 岡山県広島県山口県香川県

■九州・沖縄:福岡県佐賀県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県

目次