私の体験談

プロフィール

はじめまして、みなさん、こんにちは!
「420時間の日本語教師養成講座」を終了して、日本語教師をやっていた経験のある「かぴばら」です。

このサイトでは、「どうやったら未経験から、日本語教師になれるのか?」、「これから、日本語教師の仕事はどうなっていくのか?」といった疑問に、経験などからお答えしていこうと思っています。

そのためにちょっとした自己紹介をしていきますね☆

プロフィール紹介します!

私が未経験から、どのようにして、日本語教師になったのか?

台湾短期留学のときに、日本語を教えてくれと、台湾の人々にせがまれた。それで、言語交換をしていた。(日本語を素人ながら、教えていた)

ニュージーランドでも同じように、日本語教育がとても盛んだった。移住するには、日本語教師が良さそうだと思った。

日本に帰ってきてから、日本在住の台湾人の素敵な子と友だちになって、毎週会っては、日本語を教えていた。

そういう人たちにもっときちんと教えたいと、きちんと勉強して日本語教師の資格を取ることを決意した。

未経験から、日本で日本語教師として、働くことができた!(珍しく、英語話者対象の学校でした)

人生の宝となった、日本語教師養成講座の同級生たちと、日本語学校での同僚の先生方

私は幸運なことに、本当に人に恵まれておりまして、海外に出て戻ってきた後にも、未だに、日本語教師関連の知人と連絡をとらせてもらっています。

みんな本当に明るくて、聡明で、ボランティア精神もあって、シェアすることが大好き♪というような方々なのです。後輩もいれば、先輩もいるし、同級生もたくさんいます。みなさんの活躍を聞いていると、こちらまで元気になってきます。

そんな人間関係を持てたのも、日本語教師になったからだと、今ではとても感謝しています!

日本語教師は今後、ますます増えていく〜私の予想

私は、今度ますます少子高齢化社会となった日本が、移民を受け入れざるを得なくなってくると思っています。介護士や看護士、コンビニでやレストランで働く人なんかも、海外からの移民が増えていくとふんでいます。

そして、海外からの観光・留学需要もますます増えてゆくことでしょう。すると、日本語教師の仕事もどんどん増えていくのです。コロナのような打撃の中でも、知り合いの日本語教師の先生方は、みなオンラインで授業をしているそうです。

マンツーマンのオンライン日本語教師の需要もますます増えていくことでしょう。こちらは、家にいるスキマ時間でもできるお仕事で、友人の日本語教師の先生は、時給850円ほどで、家にいて、働くことができているそうです。

しかも、1つの授業の準備は、15分くらいと激的に短いです!会話が主な目的だからでしょうか?

(これが、日本語学校の1クラス15〜20人ぐらいの生徒さんたちを相手にすると、50分の授業に1〜2時間の準備が、最初の頃は必要になったりするのです。やりがいは、あるのですが。。。)

これからは、どこの国に住んでいてもできる、オンラインの日本語教師がますます増えていくんじゃないかと思います。私の教えていた日本語学校の生徒さんたちは、とにかく日本が好きでした!

日本の漫画や映画、料理、盆栽、庭、お寺に合気道や書道と、興味の対象もすごーく広かったです。だから、それらに、さっと対応する、臨機応変な態度も必要となってきます。

逆をいえば、今までの色んな経験が、日本語の授業に活かせるのです。

さあ、みなさんも、日本語教師の世界に足を踏み入れてみませんか?
とっても楽しい経験が、(ときには忙しすぎることもあるけれど)そして、色んな国の人々との素敵な出会いが、みなさんを待っていますよ!

私の経験が、みなさんのお役にたてたなら幸いです。