プロフィール

当サイト運営者のプロフィール

はじめまして、はづきです。

「420時間の日本語教師養成講座」を終了して、日本語教師として働いた経験があります。

このサイトでは、「どうやったら未経験から、日本語教師になれるのか?」、「これから、日本語教師の仕事はどうなっていくのか?」といった疑問に、経験などからお答えしていこうと思っています。

そのためにちょっとした自己紹介をしていきます。

未経験から日本語教師になった経緯

私が未経験から、どのようにして日本語教師になったのかをご紹介します。

台湾短期留学のときに日本語を教えてほしいと台湾の人々にせがまれて、言語交換をしていました。(その当時は日本語を素人ながら、教えていました。)

日本に帰ってきてから、日本在住の台湾人の素敵な子と友だちになって日本語を教えていました。

日本語を学びたい人たちにもっときちんと教えたいと、きちんと勉強して日本語教師の資格を取ることを決意しました。

420時間の日本語教師養成講座を修了して、たまたま紹介を受けて、未経験から日本語教師として働くことができました。

↑目次へ戻る

日本語教師になって良かったこと

私は本当に人に恵まれていて、海外に出て戻ってきた後にも、日本語教師関連の知人と連絡をとらせてもらっています。

みんな本当に明るくて、聡明で、ボランティア精神もあって、シェアすることが大好き♪というような方々なのです。

後輩もいれば先輩もいるし、同級生もたくさんいます。みなさんの活躍を聞いていると、こちらまで元気になってきます。

日本だけでなく、海外で日本語教師として活躍している先輩や同僚などの人間関係を持てたのも、日本語教師になったからだと今ではとても感謝しています!

↑目次へ戻る

最後に、なぜ当ブログを立ち上げたのか?

当ブログは「日本語教師の資格を取りたいけど、どうすればいいの?という人」から、「海外で日本語教師として働きたい人」向けに紹介しています。

少子高齢化によって移民が日本で活躍することが想像できるので、今後、日本語教師の需要が大きく望まれている仕事です。

特に、政府も日本語教師の国家資格化として「公認日本語教師(仮称)」の創設も検討されています。

しかし、日本語教師の資格を取る学校選びに失敗したと感じる人も少なくありません

私が日本語教師を目指していたら?そういう自分に教えてあげたかった、日本語教師のなり方や海外で働く方法を伝えよう。

自分が日本語教師になって経験した内容をもとにまとめました。これから日本語教師を目指す読者もいることを想定しつつ、素朴な疑問にも回答しています。

もし、マヌカハニーのことは大体わかるから、おすすめの日本語教師の学校を知りたいという人は、下記のコラムをご確認してくださいね。

さあ、みなさんも、日本語教師の世界に足を踏み入れてみませんか?

とっても楽しい経験が、(ときには忙しすぎることもあるけれど)そして、色んな国の人々との素敵な出会いが、みなさんを待っています。

私の経験が、みなさんのお役にたてたなら幸いです。

そのほかに、日本語教師に関する疑問があれば、下記よりお問い合わせをお願いいたします。

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

↑目次へ戻る