日本語教師能力検定試験

海外で日本語教師になるための日本語教師能力検定試験おすすめ講座

いま、海外でも活躍できる職業として「日本語教師」が人気です。

「海外で日本語教師になるのに、どの日本語教師能力検定試験の講座がおすすめか知りたい。学校によって海外就職のしやすさが違うのかな。」

こういった疑問に元日本語教師が回答しますね。

当サイトでは、海外で日本語教師になるための方法やコツをお伝えしています。

実は、日本語教師になるには国家資格や免許などは必要ありません。

但し、今後、公認日本語教師(仮称)が国家資格として創設される可能性が出てきました

ただ、現在、日本語学校で日本語教師になるためには3つの条件があります。

  • 大学で日本語教育の主専攻または副専攻として修了
  • 日本語教育能力の試験に合格
  • 日本語教師養成講座 420時間コース修了

日本語教師して働くには上記のどれかを満たす必要がありますが、この中で費用がかからず、海外でも評価されるのが「日本語教育能力の試験に合格する」です。

現在、日本語教育能力試験の合格率は約26%前後と言われており、仮に勉強したとしても合格する保証はありません。

そのため、大学で学ぶ機会がない人は修了さえすれば証明となる日本語教師養成講座 420時間コース修了が主流です。

実際、私の経験からも日本語教師として働いている人は、420時間コースの修了をした人が多いのが現実です。

ただ、合格率が低いので試験に合格すれば日本語教師養成講座よりも「日本語教師の資格」として評価されるのは間違いありません。

日本語教師能力検定試験の対策講座といっても様々な学校があり、どこを選んでいいか悩んでしまいます。

どうやって日本語教師能力検定試験の対策講座を選べばいいのでしょうか?

このコラムでは、「日本語教師能力検定試験の対策講座の選び方」や「おすすめの講座がどれか」が分かります。

費用が安く日本語教師能力検定試験の対策講座は合格すれば、日本語教師養成講座の受講よりも評価が高くなります!

【海外で日本語教師になるために】日本語教師能力検定試験おすすめ講座比較ランキング

日本語教師能力検定試験の対策講座をランキング形式で紹介しています。

では、結果は以下のとおりです。

「日本語教師能力検定試験の対策講座」おすすめランキング

「アルク」NAFL日本語教師養成プログラム


出典:https://www.alc.co.jp/

特徴 開講30年、累計受講者数8万人という実績がある講座。人気の理由はNAFLの修了生で検定試験を受験した人の合格率は66.3%と高いこと
メリット
  • NAFL修了生の合格率が高い
  • 養成講座と比べて費用が5~6分の1で済む
  • 通信なので日本だけでなく海外でも受講可
  • オンラインの学習サポートが充実
デメリット
  • 1年間の期間延長が有料
  • テスト提出にはインターネットに接続が必要
  • 提携先での日本語学校での実習が有料
  • 就職サポートも受けられるが実績は不明
学習期間 12ヵ月
入学金 なし
受講料 103,400円(税込)※国内送料無料
講義スタイル 通信
教材内容等 コースガイド/テキスト24冊/別巻問題集1冊(CD付き)/CD7枚/DVD1枚/NAFL模擬テスト1回(自己採点式。CD、解答と解説付き)/『日本語教育能力検定試験 重要キーワード集300』 1冊/実力診断テスト24回/記述式問題の添削指導2回
備考 申し込み前に「個別教材説明会」に参加可/別料金にて提携している「カイ日本語スクール(東京)」で全4回(土曜日)の実習プログラムを受講可
公式サイト <検定合格率66.3%>「NAFL日本語教師養成プログラム」

↑ランキングに戻る
 

「ヒューマンアカデミー」日本語教育能力検定試験【完全合格】講座

ヒューマンアカデミー
出典:https://ha.athuman.com/

特徴 ヒューマンアカデミーは独自に日本語学校も経営しているので実績は定評あり。海外への研修プログラムも充実しており、試験合格後の就職サポートも安心して受けることができるのが魅力
メリット
  • DVDがあるので動画で学べる
  • 標準学習期間が6ヵ月と最短
  • 最長3年間の合格保証付きで安心
  • 就職サポート付きで実績もあり
デメリット
  • 他の講座と比べると料金が高い
  • 標準学習期間が短いので学習が大変
学習期間 6ヵ月
入学金 なし
受講料 132,000円(税込)※国内送料無料
講義スタイル 通信
教材内容等 日本語教育能力検定試験完全攻略ガイド/日本語教育能力検定試験 合格問題集/日本語教育能力検定試験 分野別 用語集/講義DVD&音声CD 19巻/講義ノート7冊/記述式添削課題1冊ほか
備考 資料が自宅でも見られる「デジタルパンフレット」が便利
公式サイト 日本語教師養成講座

 

「ユーキャン」日本語教師養成講座

ユーキャン
出典:https://www.u-can.co.jp/

特徴 資格講座といえばユーキャンと言われるほど有名。講座料金がとにかく安いのが最大の魅力。2位のヒューマンアカデミーと比べても半額に近いが、就職サポートがないのが不安材料
メリット
  • とにかく費用が安い
  • 標準学習期間が8ヵ月と短い
デメリット
  • 実習を受ける機会がない
  • 質問の回数に制限がある(1日3問まで)
  • 就職サポートなし
学習期間 8ヵ月
入学金 なし
受講料 59,000円(税込)※国内送料無料
講義スタイル 通信
教材内容等 テキスト5冊、試験対策問題集3冊、添削課題集1冊、DVD1巻、CD2巻、ガイドブック、添削関連書類一式など
備考 受講生専用の学習支援Webサービス「学びオンライン プラス」あり
公式サイト https://www.u-can.co.jp/

↑ランキングに戻る

日本語教師能力検定試験の対策講座の選び方

海外で日本語教師として働きたい人向け!日本語教師能力検定試験の対策講座の選び方は以下のとおりです。

海外就職サポート体制が整っているか

日本語教師資格試験の合格はあくまでも日本語教師になるための通過点。資格を取得してから就職できるかどうかとは別問題です。

特に海外では求人数も少なく、口コミや知り合いの紹介といった出会いで仕事をもらえる可能性の方が高くなります

できれば試験の合格だけではなく、海外での求人情報や就職相談などがきちんと対応できる学校が大切。

標準学習期間が短すぎないか

どの講座も変わらないんじゃないの?と思われがちですが、講座によっては試験合格への標準学習期間に違いがあります。

試験の合格だけに注目すると期間が短いほどいいとも思われがちですが、就職の際には「学習期間が短い=学ぶ内容が浅い」ととらえがちになります。

逆に学習内容が同じだとすると、1日あたりの学習のための時間が多い可能性もあります。

標準学習期間が短すぎるのは、逆にデメリットになるかもしれないことを把握しておきましょう。

自分の目的にあっているかどうか

日本語教師の業界は狭いので、意外とどの講座を取得したかで評価が違ってくることや採用条件が決まっている場合も。

どこで、どんな風に働きたいのか前もって考えた場合、その求人にあった講座かどうかが大切。

海外での就職に必要な条件を事前に確認して、自分のニーズにあったコースかどうか確認しましょう