日本語教師養成講座

【ヒューマンアカデミーで日本語教師】悪い評判は?口コミから分かるメリット・デメリット

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座の口コミ・評判を知りたい人向けです。

海外で日本語教師になるならヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座がいいと聞くけど、本当かな。学校の口コミや評判はどうなのかしら。
かぴらぶ
かぴらぶ
このコラムでは、口コミ・評判から分かるメリット・デメリットも紹介しますね。

日本語教師の養成講座が受講できる学校には色々ありますが、なかでも「ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座」は受講者数が多く、人気の講座になっています。

公式Tiwtterでも高い合格率をうたっていますね。

ただ、将来、日本語教師として海外で働くならヒューマンアカデミーでいいのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【ヒューマンアカデミーで日本語教師】悪い評判は?口コミから分かるメリット・デメリット」をご紹介します。

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座の口コミ・評判

口コミ・評判
資格を取得するかどうかで気になるのが、学校の口コミや評判。そこで、SNS上で調査をしてみました。

良い口コミ・評判(良い点・素晴らしいポイント)

悪い口コミ・評判(悪い点・少しコレは..というポイント)

では、気になる学校の悪い口コミ・評判を調査してみました。

ごめんなさい、上記の口コミ以外に悪い意見は見つかりませんでした。。。

今後も口コミや評判を調査していきます。

\まずは、無料の資料請求から/

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座

全国に学校があるので安心!

上記の口コミや評判をふまえて、次にヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座のメリットとデメリットをまとめてみました。

↑目次へ戻る

ヒューマンアカデミーで学ぶメリット・デメリット

メリット・デメリット
高い費用を払って損をしたくないなら、デメリットをよく確認しておくことが大切です。

メリット(魅力的なポイント)

ここは、海外で日本語教師として働きたい人がヒューマンアカデミーで学ぶべき、と感じたメリットを紹介します。

ヒューマンアカデミーのメリット
  • 修了生が多く人脈を活用しやすい
  • 校舎が全国にあるので通いやすい
  • 海外就職サポートが受けられる

修了生が多く人脈を活用しやすい

ヒューマンアカデミーで修了する学習者が非常に多いため、人脈がつながりやすいといえます。実は、海外では特に口コミや紹介で働けることが多いためです。

修了生が多いので成功体験や失敗談も把握していそうですね。

校舎が全国にあるので通いやすい

講座を修了するためには実地研修が必要になるため、必ず約3ヶ月は通学が必要になります。都会ならまだしも地方だと通学できないので、全国に校舎が多いので便利です。

海外就職サポートが受けられる

海外の就職事情は日本国内ではわかりずらいですが、海外にも日本語学校を経営しているヒューマンアカデミーなら求人情報が手に入りやすく、就職サポート体制が充実しています。

海外の就職状況が分かるのは頼りになりますね。

デメリット(えっ!?と感じるポイント)

次に、ここはヒューマンアカデミーはイマイチかな、と感じたデメリットを紹介します。

ヒューマンアカデミーのデメリット
  • 受講のための講座費用が高い
  • 通信講座大手というイメージがある
  • 修了者が多いのでサポートが薄くなる

受講のための講座費用が高い

なんといっても講座の費用が入学金もあわせて約50万円もかかります。さらに、学費とは別に教材費やシステム利用料も必要になるので注意が必要です。

通信講座大手というイメージがある

日本語学校のなかにはどこの学校に通っていていたか、などの派閥を気にする学校もあるため、ヒューマンアカデミーの修了者を採用しないという場合も。

修了者が多いので仲間が逆に作りにくい

修了者が多いので人脈が築きやすいというメリットがありますが、逆にサポートが薄くなりやすいでしょう。多くの日本語教師養成講座は受講者が少人数なので、よりサポートが受けやすい環境になります。

↑目次へ戻る

ヒューマンアカデミーで学ぶ費用

料金
ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座のコースは主に2つ。

  • 1.日本語教師養成講座(検定試験対策あり):593,440円(税込)
  • 2.日本語教師養成講座:495,000円(税込)
  • 1と2の差の費用:65,440円(税込)

日本語教師養成講座(検定試験対策あり)

文化庁指針420時間カリキュラムと同時に、日本語教育能力検定試験の合格も目指す講座です。受講料が593,440円(税込)、入学金33,000円が必要なので、総額で626,440円が必要になります。

日本語教師養成講座

文化庁指針420時間カリキュラムのみを目指す講座です。受講料が495,000円(税込)、入学金33,000円が必要なので、総額で528,000円が必要になります。

日本語教師で働くために資格は必要ありませんが、実際の就職では「文化庁指針420時間カリキュラム」か「日本語教育能力検定試験の合格」または両方が求められます。

さらに、教材費やシステム利用料が別途必要になります。

↑目次へ戻る

ヒューマンアカデミーがおすすめな人は?

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座がおすすめな人は、日本語教師の人脈を作りたい人です。

その他におすすめな人は、以下のとおりです。

  • 他の日本語教師養成学校に地理的に通えない人
  • 海外の日本語教師求人情報を多く得たい人
  • 直営の日本語学校で働く機会を狙っている人

実は、日本語教師養成講座の受講に必要な費用は学校によって異なりますが、数十万円することは変わりません。

教育訓練給付金制度の対象講座なので、条件を確認して活用するのも方法のひとつです。

費用を比較するのと同時に、ヒューマンアカデミーならではの強みを知って、受講するかを検討するかどうかを決めましょう。

↑目次へ戻る

ヒューマンアカデミーで学ぶ口コミ・評判まとめ

今回のコラムでは、「【ヒューマンアカデミーで日本語教師】悪い評判は?口コミから分かるメリット・デメリット」をご紹介しました。

日本語教師になるための学校は数多くありますが、そのなかでもヒューマンアカデミーは最大手の学校で、特に海外で日本語教師として働くなら受講する資格以外にもメリットがあります。

そこで、これまでのヒューマンアカデミーで学ぶ特徴を下記にまとめてみました。

ヒューマンアカデミーの特徴
  • ○修了生が多く人脈を活用しやすい
  • ○校舎が全国にあるので通いやすい
  • ○海外就職サポートが受けられる
  • ×受講のための講座費用が高い
  • ×通信講座大手というイメージがある
  • ×修了者が多いのでサポートが薄くなる

もちろん、ヒューマンアカデミーで学ぶとデメリットになることもあるので、メリットと比較して、自分にあった学校や講座を選ぶべきです。

まずは、養成学校の資料を2~3つ請求して比較することから始めてみましょう。

\まずは、無料の資料請求から/

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座

全国に学校があるので安心!

↑目次へ戻る