▶試験合格者向けの教育実習を受けられる学校 詳細

【登録日本語教員の最新情報】いつから日本語教師は国家資格?

いつから日本語教師が国家資格になるか知りたい人向けです。

日本語教師はいつから国家資格になるのでしょうか。最新情報を知りたいです。

名称が「公認日本語教師」から「登録日本語教員」に変わりますね。

現在、日本語教育業界の話題になっているのが、日本語教師の国家資格への最新情報。一時時期は、国家資格化が中止になってなくなる話も出ていました。

ただ、現在も検討が続けられており、これから日本語教師を目指している方や既に日本語学校で働いている方なら、国家資格を取得できるのか気になりますよね。

そこで、このコラムでは日本語教師の国家資格化についての最新情報を紹介します。

なお、ご自身が国家資格になる対象者とその条件かを早く知りたい方は、日本語教師が国家資格になる対象者と条件へどうぞ。

さらに、これから日本語教師を目指している方は、日本語教師になる資格を取得するには?へ読み飛ばしてくださいね。

※これから紹介する内容は(案)であり確定情報ではないので、ご注意ください。

目次

いつから日本語教師が国家資格になる?

日本語教師がいつから国家資格になるかは、令和6年(2024年)以降となっており、具体的な時期は詳しく決まっていないというのが現状です。

なお、日本語教師になるには養成講座受講か試験受験が基本です。どのような講座があるかを詳しく知りたい方は下記からどうぞ。

\ 人気の講座を比較して選べる /

資料請求は無料です。

一時期、日本語教師が国家資格になる話はなくなるという情報もありましたが、現在も推進されています。

では、次に日本語教師の国家資格への最新情報を紹介します。

【2023年1月】日本語教師の国家資格化情報

引用:日本語教育の質の維持向上の仕組みに関する有識者会議(第8回)

日本語教師の国家資格化に関わる前回と変更されたポイントは、下記のとおりです。

  1. 試験免除等の経過措置期間は最低5年程度を検討
  2. 講習修了認定試験の合格が必要(民間試験合格者の試験②免除の講習は不要)
  3. 筆記試験①②が経過措置に追加された
  4. 必須50項目対応の養成課程等修了者の追加
前回の資料
今回の資料

さらに、公示基準校への日本語登録教員設置は約5年の経過措置が検討されています。

なお、これまでの日本語教師の国家資格化に関する情報をまとめると、対象者と条件は下記のとおりです。

スクロールできます
国家資格になれる対象者と条件筆記試験①筆記試験②講習教育実習
420時間養成講座の修了者免除必要免除?
420時間養成講座の修了者&現職※免除必要必要免除
420時間養成講座の修了者&
検定試験の合格&現職※
免除免除必要免除
420時間養成講座の未修了&現職※必要
(経過措置)
必要
(経過措置)
免除
(経過措置)
検定試験のみの合格者&現職※免除
(経過措置)
必要or
免除(経過措置)
必要免除
(経過措置)
検定試験のみの合格者必要必要必要
大学等日本語専攻or副専攻の修了者免除必要免除?
※指定機関に限る

今回の議事録などの資料から、経過措置が約5年という期間が検討されているのが分かりました。

ただ、これから日本語教師になることを目指している方はヒューマンアカデミーからデジタル版のパンフレットを資料請求してみましょう。すぐに資格の概要が分かるのでおすすめです。

現状を考慮すると、420時間日本語教師養成講座を受講しつつ、検定試験の合格を目指すのが無難なようですね。

>>>日本語教師になるための養成講座を探してみる

参照URL:日本語教育の質の維持向上の仕組みに関する有識者会議(第8回)

【2022年12月】日本語教師の国家資格化情報

引用:日本語教育の質の維持向上の仕組みに関する有識者会議(第7回)

2022年12月13日に「日本語教育の質の維持向上の仕組みに関する有識者会議(第7回)」会議が開かれました。

今回の内容は、外国人留学生が学ぶ指定の日本語学校での日本語教師に国家資格の取得を義務付ける案がまとめられました。

さらに、これまでの日本語教師の国家資格化に関する情報をまとめると、対象者と条件は下記のとおりです。

スクロールできます
国家資格になれる対象者と条件筆記試験①筆記試験②教育実習
420時間養成講座の修了者免除必要免除?
420時間養成講座の修了者&現職※免除必要免除
420時間養成講座の修了者&
検定試験の合格&現職※
免除免除免除
420時間養成講座の未修了&現職※必要
必要
免除
(経過措置)
検定試験のみの合格者&現職※免除
(経過措置)
必要or
免除(経過措置)
免除
(経過措置)
検定試験のみの合格者必要必要必要
大学等日本語専攻or副専攻の修了者免除必要免除?
※指定機関に限る

【2022年11月】日本語教師の国家資格化情報

2022年11月17日に「日本語教育の質の維持向上の仕組みに関する有識者会議(第6回)」会議が開かれました。

今回の会議では主に現職の日本語教師や法務省告示校の日本語学校認定に対する「経過措置」について話し合われたようです。

ただし、日本語教師の国家資格化ついての大きな変更はありませんでした

当初から懸念があがっていたた現在の諸事情で日本語学校で働かれていない日本語教師に対して配慮する旨の記載がありました。

ただ、配慮の内容について記載がなかったため、今後の報告が待たれます

【2022年10月】日本語教師の国家資格化情報

2022年10月25日に「日本語教育の質の維持向上の仕組みに関する有識者会議(第5回)」で日本語教師の国家資格化について会議が開かれました。

議事録は公開されていないため(10月26日時点)、あくまでも”ただき台の資料”として内容です。

ただ、内容的に日本語教師の国家資格にあたる登録日本語教員(仮)への道筋が見えてきました。

国家資格化に向けての試験概要

引用:同上

(試験)

○ 試験は国家資格として位置付けることから、国が試験実施の一定要件を満たす機関を指定(以下「指定試験実施機関」という。)し、試験の実施に関する事務を行わせることができることとする。

・ 試験の内容は①日本語教育についての基礎的な知識及び技能に関する区分、②日本語教育についての基礎的な知識及び技能を活用した問題解決能力(応用)に関する区分とする。

・ 受験機会を確保する観点から、全国各地において年1回以上試験を実施することとし、受験に当たっては、要件は特段設けないこととする。

引用:有識者会議における検討の方向性に関する事項(たたき台案)

大学専門課程&420時間養成講座修了者

引用:同上

(実践的な教育実習)

〇 国は、実践的な「教育実習」を実施する機関を指定することができることとする。・ 実践的な「教育実習」の指定要件としては、ⅰ)日本語教師の実践的な知識及び技能を有する実務者が実習機関の課程を担当する体制を有すること

ⅱ) 平成 31 年審議会報告において示された日本語教育に関する指導項目を演習及び実習について行うこととすること

・ 法施行時においては、現職日本語教師や養成機関に在籍する者等の経過措置を検討する

・ 実践的な教育実習に含むべき具体的な内容については、具体的な指定基準等で定めることとする

引用:同上

試験内容は、「「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)改訂版」(平成 31 年3月文化審議会国語分科会)
において養成課程で実施すべき内容として示された「必須の教育内容」の 50 項目に基づくもの」が提案されています。

上記の報告内容は、既に実施されている日本語教育能力検定試験と同様の試験範囲ですね。

420時間日本語教師養成講座の修了者は、現職かどうかは問われずに筆記試験②と教育実習をさらに受けることで資格が取得できることは変わりないようです。

日本語教育能力検定試験の合格者

引用:同上

日本語教育能力に関する民間試験のうち、その筆記試験の出題範囲と、平成 12 年「日本語教育のための教員養成について」(文化庁日本語教員の養成に関する調査研究協力者会議)、及び平成 31 年文化審議会国語分科会報告で示された基礎的な知識及び技能としての「必須の教育内容」との適合性や、当該民間試験実施からの経過期間等を勘案し、当該試験の合格をもって新たな試験で確認する基礎的な知識及び技能と同等の能力を身に付けていると判断され、質が担保された日本語教育機関で勤務する現職者については、平成 12 年報告及び 31 年報告以降に新たに加えられた教育内容や、近年の状況変化を踏まえ習得が必要と考えられる講習を受け修了することで、筆記試験の全部又は一部免除を検討する。

引用:同上

すでに日本語教育能力検定試験の合格者で日本語教育機関で勤務されている方については、筆記試験①が免除されることが検討されています。

ただ、試験に合格しているもののまだ勤務されていない場合については言及されていません。

420時間養成講座を修了せずに日本語教育能力検定試験の合格後に日本語教師をされている方で既に退職している方は対象外になる可能性があります。

※民間試験は、日本語教育能力検定試験と解釈しました。

なお、試験の合格だけを目指している方は、下記のコラムも参考にしてくださいね。

上記の詳細については、日本語教育の質の維持向上の仕組みに関する有識者会議(第5回)をご覧ください。

日本語教師が国家資格になる対象者と条件

※これから紹介する内容は(案)であり確定情報ではないので、ご注意ください。

現状で全て免除で国家資格の対象になるのは、420時間養成講座の修了&検定試験の合格者で現職の方のみでした。

既に指定機関で日本語教師として働いている方は、検定試験の合格を目指すかどうかは悩みどころですね。

【2022年6月】日本語教師の国家資格化情報

  • 公認日本語教師から登録日本語教員へ?
  • 現役の日本語教師も試験が必要になるかも

公認日本語教師から登録日本語教員へ?

名称が公認日本語教師から登録日本語教員へ変更される可能性が高くなりました。

日本語学習者に直接日本語を指導する者(日本語教師)は登録日本語教員であるものとしつつ、その他の職員(日本語学習支援者等)については資格を必須としないことでよいか検討。登録日本語教員の必置への円滑な移行を図るため、必要な経過措置を検討

引用:本有識者会議での主な検討事項(案)

特に、指定機関で日本語教師として働く場合には以前の公認日本語教師であれば資格が不要でしたが、登録日本語教員は必須となる可能性があります。

すでに指定機関で働かれている日本語教師の方にとっては面倒なことになるかもしれません。というのも、現役の日本語教師でも試験が受けなければいけないということになりますね。

現役の日本語教師も試験が必要になるかも

公認日本語教師の時も一部を除いて試験を受けなければならないという記載がありましたが、試験を受けなくても日本語教師として働くことができました。

これが、指定機関で働く場合には現役で日本語教師として働いている人でも登録日本語教員として働くには試験を受ける必要があるのではないかとされています。

【2021年7月】日本語教師の国家資格化情報

出典:日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議(第9回)

いつから日本語教師が公認日本語教師(仮称)として国家資格になるかは、令和6年(2024年)以降の予定になっているのは変更はありません。

資格名も公認日本語教師(仮称)のように仮称となっているので、例えば、公認会計士(CPA:Certified Public Accountant)のように、公認日本教師はCPJT(Certified Public Japanese Teacher)やCJLT(Certified Japanese Language Teacher)になるかもしれませんね。

日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議(第9回)の配布資料が公表されました。

公認日本語教師に関わるポイントは、以下のとおりです。

  • 資格の名称・位置づけ
  • 資格取得の要件
  • 資格の有効期限
  • 筆記試験①及び教育実習を免除
  • 教育実習の内容

資格の名称・位置づけ

資格の名称は「公認日本語教師」とし、名称独占の国家資格として設計することが妥当とされました。仮)の文字もなくなっていますね。

受験に国籍・年齢・学歴は不問

以前の答申では受験資格に制限がありましたが、結果的に受験には大卒や年齢などの制限はなくなりました。

資格の有効期限

有効期限を設けないことが適当とされました。但し、更新にあたっての試験や講習は特段規定されませんでした。

筆記試験①及び教育実習を免除

指定日本語教師養成機関における課程等を履修し修了した者については、筆記試験①及び教育実習を免除。但し、筆記試験②(知識の横断テスト)は受験が必要

教育実習の内容

原則、対面で「オリエンテーション」「授業見学」「授業準備」「模擬授業」「教壇実習」「教育実習全体の振り返り」と細かく内容が記載されています。

日本語教師になる資格を取得するには?

実は、日本語教師として働くために資格は必要ありません。ただ、多くの求人情報では資格の取得が条件になっています。

実際に日本語を教える資格を得るためには、以下の3つの方法があります。

  1. 大学や大学院で日本語課程の修了
  2. 420時間日本語教師養成講座の修了
  3. 日本語教育能力検定試験の合格

1.大学や大学院で日本語課程の修了

大学や大学院で日本語教育の課程を修了する方法です。特に、公示校と呼ばれる日本語学校で日本語教師として働くには四大卒が必要です。

もし、四大卒の資格を持たれていない方や日本語を基礎から学問として学びたい方向けですね。

ただ、40代から大学や大学院に入りなおすのは簡単ではないかもしれません。

2.日本語教師養成講座の修了

四大卒あれば、420時間の日本語教師養成講座を修了するのが王道です。模擬授業もたくさんあるので、教育経験がない方でも実践を積むことができます。

ただ、費用が受講料として約50万円以上はかかる上に、最低でも6ヶ月ぐらいはかかるのが難点です。

3.日本語教育能力検定試験の合格

日本語教育能力検定試験の合格は、費用が養成講座と比べると安く、独学でも受験できるのが魅力です。

ただ、合格率が約26~30%と民間レベルの試験としては難しい上に、年に1回しか受験できません。

これで日本語教師になるには養成講座か試験受験が必要なことが分かった。じゃあ、どの講座がいいかは色々な講座の資料を取り寄せて比較してみましょう

\ 人気の講座を比較して選べる /

資料請求は無料です。

日本語教師の国家資格化のよくある質問

なぜ日本語教師は国家資格になるの?

「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)」について|文化庁では、以下の4つについて言及しています。

  • 1. 質の高い日本語教師の確保
  • 2. 日本語教師の量の確保
  • 3. 日本語教師の多様性の確保
  • 4. 日本語教師の資質・能力の証明

日本語の学習者数も増加し、教える教師が不足している割に約6割がボランティアで教えています。ただ、つまり、日本語教師の職業として働いてもらいたいことが求められています。

日本語教師になるのは国家資格化を待つべき?

日本語教師の国家資格への案では、420時間日本語教師養成講座の修了者は試験の免除などが規定されているだけで修了しても損にはならないようです。

そのため、国家資格を待つのは時間がもったないと感じる人も。

もし、日本語教師になりたいと思ったら、まずはヒューマンアカデミー公式サイトから最新情報を手に入れるのがおすすめです。

なお、日本語教師を目指すかどうかについては、下記のコラムも参考にしてくださいね。

いつから日本語教師は国家資格?まとめ

今回のコラムでは「【登録日本語教員の最新情報】いつから日本語教師は国家資格?」をご紹介しました。

日本語教師が登録日本語教員(仮)として国家資格になるのは、現在では令和6年度が予定されています。

ただし、現在までに公認日本語教師から登録日本語教員へ名称が変わる可能性があるなど、変更されることもあります。

それでも、日本語教師が職業として働ている方が不足している現状には変わりがないので、今のうちに日本語教師を目指しておくのも方法のひとつです。

目次