【ボランティアで日本語教師】条件や募集の探し方を徹底調査

日本語教師として日本語を教えるボランティアに興味が有る人向けです。

日本や海外で日本語を教えたいけど、求人はどうやって探せばいいのかな。
はづき
このコラムではボランティアの募集の見つけ方がわかります。

日本語教師の中には日本語学校で教える方ばかりではなく、ボランティアとして活躍している方も数多くいます。

日本に居住する外国籍の人やその子どもに、無償で日本日本語教室などで日本語を教えるボランティア活動です。

では、ボランティア募集はどうやって探せばいいのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【ボランティアで日本語教師】条件や募集の探し方を徹底調査」をご紹介します。

目次

日本語を教えるボランティア活動とは

令和元年の文化庁の資料によると、日本語教師等の人数46,411人のうちボランティアの方は53.3%です。

年代別にみると、50代が約17%、60代が約22%と年配の方々が活躍されていることが分かると思います。

特に、日本語を学びたい人の中には職業実習生や留学生だけでなく、日本に在留する外国の人への日本語教育が課題になっています。

さらに、外国籍の子どもの日本語教育をどのように支援するかがニュースに取り上げられるようになりました。

親が外国籍などの「外国につながる生徒」の学習を支援するため、横浜市立保土ケ谷中学校が、ベトナム人の男子生徒が民間の日本語教室で学んだ時間を出席時間として扱った。「全国でも例のない先進的な取り組み」で、男子生徒は今春、第1志望の高校に進学することができた。https://t.co/2WYrzibwaP

— 毎日新聞 (@mainichi) March 25, 2021

今後、移民が増えていくにしたがって、その方の子どもたちへの教育も急務になっていくと思われます。

ただ、すべての方が日本語学校に通うことができることは限らないので、そこがボランティアが期待されています。

ボランティアの募集条件

ただ、ボランティアといっても日本語を教えるなら、正しい指導ができなければいけません。

募集には、日本語教師としての指導経験や検定試験の合格者などの条件が付けられていることが多いでしょう。

ただ、日本語を教えたいという意思があれば、現場での未経験や養成講座の受講中でも可能ということが多いことが一般的です。

ボランティアの選考方法

選考方法については、面接でのやりとりが一般的です。他には書類選考や模擬授業をしたりする団体もあり、なかには選考がない団体もあります。

特に、大都市ではなく地方の団体では日本語を教える人が少ないので、採用されやすくなる傾向があるでしょう。

まずは、選考を受ける前に見学をして教室の雰囲気や学習者のレベルを把握してみましょう

ボランティアで日本語教師をするには

日本国内で日本語教師をボランティアとして募集している機関や団体の多くは、日本語教室や各地域の国際交流センターなどです。

ただ、誰でもボランティアができるわけではなく、多くの機関や団体では、下記の条件が付けられているのが一般的です。

  1. 大学・大学院で日本語教育を専攻・副専攻の修了
  2. 420時間の日本語教師養成講座の修了
  3. 日本語教育能力検定試験の合格

日本語教師を目指している方や既になられている方ならご存知だと思いますが、一般的な日本語学校で求められる募集条件です。

ただ、大きく違うのは、420時間日本語教師養成講座の修了であれば【受講中】のように必ず修了していなくてもボランティアができる場合があります。

ボランティアといっても、1人で教える機関や団体ばかりではないので、日本語教師の資格を持った先生がいれば学ぶ機会が得られるでしょう。

また、教師経験は求められていないことも多いので、まずは試験合格者や養成講座の修了者で、日本語学校にすぐ就職できない人はボランティアから始めるのも方法のひとつです。

日本語教師を目指すなら「養成講座の修了」と「試験の合格」が一般的です。おすすめの講座は、下記のとおりです。まずは、資料請求をしてみましょう!

デジタルパンフが便利

資料請求は無料です。

\試験の合格を目指すなら/

クーポン利用で約1万円もお得に!

\ 費用を抑えるなら /

   ユーキャン   

資料請求は無料です。

詳しい講座内容については、別のコラムを参考にしてくださいね。

日本語教師のボランティアはオンラインOK?

最近では、オンラインで日本語教師のボランティア講師を募集していることもあります。

オンラインのメリットは自宅で教えることが出来ること。募集してる団体は多くは内閣府のホームページでは、オンライン日本語教室協会の掲載もされています。

今後、さらにオンラインでボランティアをする機会が増えれば、自宅で時間を上手に活用できるので、活動しやすくなるでしょう。

日本語教師のボランティア募集の探し方

日本語教師のボランティアの探し方は、主に下記のとおりです。

  • 公共の国際交流団体
  • 民間の日本語教室

公共の国際交流団体

都道府県や市町村などの行政機関が国際交流を目的とした団体で、公益財団法人といったスタイルで運営されています。

例えば、下記のような募集が見つかりました。

日本語ボランティア募集
次回の募集は、2021年9月頃の予定です。

~中略~

日本語プライベートレッスンボランティア 概要
プライベートレッスン受講を希望する方への日本語学習のサポートを行います。

登録条件
・府内に在住・勤務・通学している18歳以上の方(高校生不可)
・ボランティア活動に理解と意欲がある方
・Eメールによる連絡が可能な方
・次のいずれかに当てはまる方
(1) 日本語教育能力検定試験合格者
(2) 大学で日本語教育を専攻した方、又はしている方
(3) 日本語教師養成講座(420時間)を修了した方、又は受講中の方

引用:公益財団法人 京都府国際センター

例えば、京都府国際センターでは、以下のような日本語教師の募集が見つかりました。

上記のように登録条件がありますが、地域の情報を探してみることが大切です。

特に、条件(3)420時間日本語教師養成講座では、受講中でも可能になっていますね。

つまり、ボランティアとして日本語を教える経験ができる良い機会にもなります。

探し方は、各自治体の広報誌や地元の新聞などでも見つかることがありますが、国際交流団体のホームページにも掲載されているので便利です。

民間の日本語教室

各地域には、日本教室などで日本語教師ボランティアを募集をしている団体が見つかることがあります。

なかには、NPO法人(特定非営利活動法人)として認可を得て活動してる団体もあり、規模も活動内容も様々ですね。

探し方は、Google検索などで「日本語教室+地域名」や「国際交流+地域名」で検索してみましょう

海外なら青年海外協力隊という方法も

海外でボランティアをしたい場合には、日本人向けのコミュニティ掲示板などで求人が掲載されている場合があります。

海外在住の方であれば、地元の日本人向け掲示板を探してみるのもいいでしょう。

それ以外にも、JICA青年海外協力隊として海外ボランティアとして活動する方法もあります。

一度は聞いたことがある名前かもしれませんが、外務省管轄の団体が海外に人材を派遣するボランティア団体のひとつです。

交通費や生活費、住居費などは団体が負担してくれますが、採用条件が厳しいので、誰でもなれるわけではありません。

日本語を教えるボランティアの探し方まとめ

今回のコラムでは「【ボランティアで日本語教師】条件や募集の探し方を徹底調査」をご紹介しました。

外国人が多く暮らしている地域では、ボランティアが日本語を教えていることがよくあります。

先生はボランティアの方がほとんどで、地域のコミュニセンターや学校の夜間に授業が無料で行われています。

日本語学校に通えない人や外国籍の子どもたちが日常生活に困らないように支援するのが大きな課題になっています。

そういった意味で日本語教師がボランティアとして働くことに生きがいを感じる人も多くいるので、日本語教師となって社会貢献する方も増えています。

目次
閉じる