【オンライン日本語教師の登録サイト】おすすめ5選を徹底調査

日本語教師が登録できるオンライン学習プラットフォームを知りたい人向けです。

オンライン日本語教師として働きたいけど、どこに登録すればいいのかな。おすすめのオンライン学習プラットフォームを知りたい。

近年、どこでも働くことができるオンライン日本語教師として働きたいというニーズが高まっています。

そのため、日本語を学ぶことができるオンライン学習プラットフォームを探している人も多いと思います。

ただ、オンライン日本語教師として日本語を教えるなら、どのプラットフォームがいいのかな?と疑問に思いますよね。

そこで、このコラムではオンライン日本語教師が登録すべきおすすめ学習サイトをご紹介します。

なお、すぐにオンライン日本語教師として登録したいと考えている方なら、 italki(アイトーキ) が人気。ただ、まずは自分で生徒として他の言語で利用してみるのがおすすめです。

目次

オンライン日本語教師の登録サイトの選び方

オンラインで日本語教師として働くための登録サイトの選び方は、下記のとおりです。

  1. 日本語を学びたい生徒が集まりやすいか
  2. 語学学習サイトに登録するかどうか
  3. 授業1コマあたりの単価と手数料の割合

1.日本語を学びたい生徒が集まりやすいか

最近はオンラインで教える日本語教師が増えているので、生徒が集まりにくいと競争が厳しくなります。

そのため、全世界から日本語を学びたい生徒がアクセスしやすい登録サイトかどうかが重要です。

2.語学学習サイトに登録するかどうか

語学学習サイトの多くは全世界を対象としていますが、なかには日本国内だけに絞ったサイトもあります。

特に、語学学習サイトではなく、色々な知識やスキルを提供する国内向けのサービスに登録するのも方法のひとつです。

3.授業1コマあたりの単価と手数料の割合

語学学習サイトの多くは、授業1コマあたりの単価が決まっています。その単価は登録者が決められるのも魅力。

ただ、登録サイトでは単価から手数料から引かれるので、その割合を確認しておくことが大切です。

オンライン日本語教師おすすめ登録サイト

オンラインで日本語教師として働くことができる登録サイトは、下記のとおりです。

  • italki(アイトーキ)
  • Preply(プレプリー)
  • cafetalk(カフェトーク)
  • Amazing Talker(アメージングトーカー)
  • ジモティー

それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

italki(アイトーキ)

オンライン日本語教師のプラットフォームとして人気なのが、italki(アイトーキ)。手数料が一律15%と分かりやすいのが魅力です。

日本語に限らず、130以上の語学が学べることで海外では主流な学習サイト。学習したい人と講師をつなぐマッチングサービスです。

既に数百名を超える日本語教師が登録しています。最近では、YouTubeでオンライン日本語教師を目指そうといった動画をよく見かけるようになっています。

ただ、登録者数が増加したことから、登録に審査や講習会の参加が条件のように厳しくなっていますね。

>>>italki(アイトーキ)

Prely(プレプリー)

Prely(プレプリー)は、2012年にウクライナで設立され、現在、本部はアメリカにある語学学習がメインのサイトです。

サイトに登録する上で資格は必須ではありませんが、これから必要になってくる可能性は十分にあります。

ただ、手数料が約30%前後と高いので、手取り金額が低くなってしまうのがネックです。

>>>Prely(プレプリー)

cafetalk(カフェトーク)

カフェトークとは、語学に限らず、様々な習い事をマンツーマンで学べる学習サイトです。その習い事に外国語の学習があり、日本語が含まれています。

日本語のキーワードで検索すると、すでに数千のレッスンが出てきますね。特に、ニーズに合わせた検索ができるので、試験対策講座やカジュアルに学びたいなど細かく設定が可能です。

もちろん、多言語で表示できるので、海外からのアクセスも可能ですが、日本国内で日本語を学びたい方には好まれやすいでしょう。

>>>cafetalk(カフェトーク)

Amazing Talker(アメージングトーカー)

Amazing Talkerは、台湾発の学習プラットフォームです。日本語教師の資格がないと登録が難しく、審査もありますが、他のプラットフォームと比べると登録数はまだ少ないと言われています。

生徒はアメリカやヨーロッパなどよりもアジアの方が多く、レッスン単価も安く設定されているので、日本語教師の資格と経験があるなら登録をされている方が増えています。

さらに、レッスンで得た金額が多ければ多いほど手数料が安くなるので、手数料が一定のプラットフォームと比べてモチベーションがあがりやすいでしょう。

>>>Amazing Talker(アメージングトーカー)

ジモティー

地元の掲示板ジモティーは、その名の通り日本全国の各地域ごとの地元情報を掲載するサイトです。「売ります・買います・あげます」で利用されている人もいるのではないでしょうか。

このジモティーににも語学を教えるカテゴリーがあり、日本語教師として日本語を教える人から、カジュアルに会話相手として登録している人もいます。

日本に在住する日本語を学びたい人が対象になりますが、ZOOMを使ってオンラインで教えるだけでなく、実際にカフェなどで会ってマンツーマン授業もできるのが特徴です。

>>>ジモティー

登録しやすくお試しで教えるならココナラ

ココナラは、個人のスキルを売り買いすることができるサービスと人気です。

500円~サービスを購入することもできるので、気軽に語学を学びたい方が利用できるのが大きな魅力

このココナラに語学のカテゴリーがあり、「日本語を教えます」のタイトルの出品者が数多く見つかります。

特に教師も生徒も登録が無料で簡単にできるので、日本に在住している日本学習者にとっては利用しやすいでしょう。

>>>ココナラ

オンライン日本語教師として働くなら?

結論から言うと、オンライン日本語教師としてガッツリ稼ぎたいならitalki(アイトーキ) 」です。

日本語学習を希望する生徒が全世界から集まる上、手数料も15%と他の登録サイトと比べると少なくて済みます。

ただ、登録する日本語教師も多くなっているので、そのなかで勝ち残っていく必要性はあるでしょう。

まだ、お試しでオンライン日本語教師として教えたいならココナラ」も選択肢になりますね。

もし、ココナラを利用したことがない方は、登録も1分でできるので自分で試してみましょう。

\ 初回利用で300円OFF /

登録は無料で1分で完了!

どちらがいい?オンラインとオフライン

プライベートレッスンといっても、スタイルとして「オンライン」と「オフライン」の2つがあります。

その名のとおり、前者は専用アプリやZoom、Skypeなどを利用して日本語を教えるスタイルですが、オフラインはカフェや自宅などで顔と顔をつきあわせて教えるスタイルです。

多くの場合は1対1で教えることになりますが、どちらもメリットとデメリットがあります。

オンラインのメリット・デメリット

オンラインで日本語を教えるときのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリットデメリット
自宅で世界中の学習者を相手できる
時間も設定ができるので自由がきく
急なキャンセルでも対応しやすい
他の日本語教師と競争になる
ネット環境が特に重要になる
対面で教えるより教えにくい

オフラインのメリット・デメリット

オフラインで日本語を教えるときのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリットデメリット
学習者の反応が分かりやす
オンラインよりも教えやすい
キャンセルでも対応しにくい
場所や時間に制限されてしまう
急なキャンセルは対応しにくい
直接会う場合には危険なことも

ただ、両方とも日本語教師として登録をしておくことのも方法の一つでしょう。

では、日本語教師が登録できるプライベートレッスンにはどのようなサービスがあるのでしょうか?

オンライン日本語教師の登録サイトまとめ

今回のコラムでは「【オンライン日本語教師の求人】登録できるのは?おすすめ5選」をご紹介しました。

オフライン日本語が登録できる語学学習プラットフォームは、下記のとおりです。

  • italki(アイトーキ)
  • Preply(プレプリー)
  • cafetalk(カフェトーク)
  • Amazing Talker(アメージングトーカー)
  • ジモティー

ただ、italkiなどの学習プラットフォームは登録の手間がかかるので、お試しでオンラインで日本語を教えるならココナラおすすめです。

最近ではオンラインで日本語を教えることがニーズとして高まっていますが、オフラインで教えることも併せて考えておきましょう。

目次