海外で日本語教師として働く

【JICA青年海外協力隊で日本語教師】必要な資格と英語力とは?海外で日本語を教える方法

日本語教師としてJICA青年海外協力隊で海外に行きたい人向けです。

海外でボランティアをしたいけど、JICA(青年海外協力隊)として日本語教師の職種があるらしいけど、どうなのでしょうか。必要な資格や英語力を知りたいです。

海外で日本語教師となって日本語を教える、といっても、実際には労働ビザなどが必要になるので簡単ではありません。

ただ、ビザのサポートを受けて実際に海外に行けるのが、「JICA青年海外協力隊」。

一度は聞いたことがある名前かもしれませんが、外務省管轄の団体が海外に人材を派遣するボランティア団体のひとつです。

交通費や生活費、住居費などは団体が負担し、活動後には完了金がもらえる可能性もあります。

では、JICA青年海外協力隊で日本語教師として派遣されるには、どうすればいいのでしょうか?

今回のコラムでは、「【JICA青年海外協力隊で日本語教師】必要な資格と英語力とは?海外で日本語を教える方法」をご紹介しました。

JICA(青年海外協力隊)とは?

JICA青年海外協力隊とは、日本国政府が行う政府開発援助 (ODA) の一環として独立行政法人国際協力機構 (JICA) が実施する海外ボランティア派遣制度です。

日本語教師に限らず、技能が必要な70ヶ以上の国・地域にすでに約3,200人以上を人材を派遣しています。

資料によると、中南米約40%、東南アジア約19%、東アジア約15%と全体の約74%が発展途上国と呼ばれる国・地域のエリアに集中しています。

もちろん、それらの国・地域以外に派遣される可能性もありますが、日本語教師にとして派遣されるのは各技能を持った人材が少ない国と言えるでしょう。

↑目次へ戻る

日本語教師としての活動期間と仕事内容

JICA青年海外協力隊は、20~45歳までの一般クラスとシニアクラスに分かれており、幅広い職種で活動を行っています。

派遣期間が原則2年間の長期案件(1年に2回募集)と約1ヶ月~1年間の短期案件との2種類があります。

その職種に、日本語教師があります。では、どのような活動するのでしょうか?

学習者に対する日本語学校での授業他にも、日本文化紹介や日本語関連のイベント企画や実施など、現地の日本語教師などと協力して活動することが中心です。

日本語教師として派遣されますが、必ずしも現地の日本語学校で日本語を教えるだけではないでしょう。

実際に、JICAでコンゴに派遣された先生も日本語に関わらない活動などにも積極的に参加していたとおっしゃていました。

↑目次へ戻る

日本語教師として派遣されるための条件

海外で働くことができるJICAですが、誰でもなれるわけではありません。基本的に1次の書類選考と2次の面接などを突破する必要があります。

JICAで派遣されるための資格

JICAで日本語教師として派遣されるためには、一般的に言われている日本語教師になる3つの方法のうち、最低でも1つは必要とされています。

さらに、シニア案件では実務経験が15年以上とされていて、ボランティアとはいえ、海外で人が労働するのは簡単ではありません。

ただ、派遣先によっては実務経験を条件としていない国・地域もあるので、説明会などに参加して質問してみましょう。

JICAとして働くための英語力

一般案件の応募に際して必要となる語学力は、英語なら中学卒業程度(英検3級もしくはTOEIC®スコア330点)です。

しかも、海外といっても上記で紹介した発展途上国であるため、英語ネイティブの国のように高い英語力は必要とされていません。

ただし、採用の時点で、応募者が多いと同じような経歴やスキルがあった場合は語学力が高いほうが有利なのはまちがいありません。

JICAの公式サイトに最新情報があるので、ぜひ確認してみましょう。

↑目次へ戻る

JICA青年海外協力隊で日本語教師まとめ

今回のコラムでは、「【JICA青年海外協力隊】日本語教師として働くには?必要な資格と語学力とは」をご紹介しました。

JICA青年海外協力隊で日本語教師として派遣されるには、一般的な日本語教師の資格と多少の語学力があれば応募することは可能です。

ただ、書類選考や面接など厳しい採用基準と希望者が多いと競争になるので、誰でもなれるわけではありません。

しかも、派遣される国・地域は主に発展途上国になるので、この環境に慣れない人は向いていないといえます。

詳しくは、JICAの公式サイトでご確認ください。

関連サイト

JICA| 国際協力機構

↑目次へ戻る