▶試験合格者向けの教育実習を受けられる学校 詳細

【ユーキャンで日本語教師の口コミ】悪い評判は?噂を徹底調査

ユーキャンの日本語教師講座

ユーキャンの日本語教師養成講座の口コミや評判を知りたい人向けです。

日本語教育能力検定試験の合格を目指すならユーキャンの日本語教師養成講座がいいと聞くけど、口コミや評判を知りたいです。

日本語教育能力検定試験の合格を目指す方に人気なのが、ユーキャンの日本語教師養成講座

ユーキャンは通信大手で安心感があり、独学では難しいと思っている方にはおすすめの講座です。

ただ、費用も安くはないので、口コミや評判が気になる人もいらっしゃるでしょう。

そこで、このコラムではユーキャンの日本語教師養成講座を利用するメリット紹介します。

目次

ユーキャン日本語教師講座の口コミ・評判

口コミ・評判
ユーキャンの日本語教師養成講座の口コミや評判を調査してみました。

ユーキャンの良い口コミ・良い評判

もっと良い口コミや評判をみてみる

口コミや評判をみてみると、「家事や仕事の関係で時間をかけられない」や「通える学校が近くにない」、「費用を抑えたい独学では不安」という意見が多いですね。

なかには海外で受講される方もいます。では、気になる学校の悪い口コミ・評判を調査してみました。

ユーキャンの悪い口コミ・悪い評判

ごめんなさい、本当に悪い口コミや評判は見つかりませんでした。

今後も口コミや評判を調査していきます。

特に悪い口コミや評判は見つからなかったのですが、それは、ユーキャンの費用が他の試験対策講座と比べても費用が安いのが大きな理由でしょう。

なお、講座について詳細を知りたい方は、生涯学習のユーキャンから資料を取り寄せて検討してみましょう。

上記の口コミや評判をふまえて、次にユーキャンの日本語教師養成講座のメリットとデメリットをまとめてみました。

ユーキャンで学ぶメリット・デメリット

メリット・デメリット
ユーキャンの日本語教師養成講座のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
試験対策講座の中でも費用が安い
使用するテキストが5冊と効率的
通信教育でどこでも受講できる
教育実習を受けられない
口コミや紹介を受けにくい
就職サポートが受けられない

ユーキャン日本語教師講座のメリット

メリットを紹介に紹介します。

試験対策講座の中でも費用が安い

420時間養成講座と比べると10分の1ぐらいで済みますが、実は試験対策講座の中でも調べた限りで最安値はユーキャンの講座でした。

使用するテキストが5冊と効率的

他の試験対策講座と比較すると、ユーキャンで使用するテキストが5冊と少なめ。数が多いほどいいわけではなく、効率よく学ぶことができる証でしょう。

通信教育なのでどこでも受講できる

教育実習がないので、日本・海外でどこでも受講できるのが魅力。

しかも、通学しないので自分のペースで、子どもさんや家事の間でも学習が可能です。海外からでも受講できます。

では、逆にデメリットはあるのでしょうか?

ユーキャン日本語教師講座のデメリット

次に、ここはユーキャンはイマイチかな、と感じたデメリットを紹介します。

教育実習を受けられない

ユーキャンの講座は通信教育なので、実際に日本語を教える実習がありません。日本語学校の求人では、実習経験を求めることも。あくまでも試験に合格するのが目的です。

口コミや紹介を受けにくい

通学と比べて孤独に自宅で勉強するので、先生や仲間との人脈を築けません。先生から求人を回してもらえることもありますので、これは通信教育の共通の問題ですね。

就職サポートが受けられない

講座の目的は試験の合格になるになるため、就職のサポート、特に海外でのサポートは期待できません

これでユーキャンの日本語教師養成講座の口コミや評判、メリットやデメリットは分かった。

講座についてもっと知りたい方は、資料を取り寄せて検討してみましょう。

\ 費用を抑えて日本語教師になるなら /

資料請求は無料です。

独学とユーキャンの講座はどちらがいい?

日本語教育能力検定試験はテキスト(赤本など)を使って独学でも受験することができます。

ただ、合格率が近年でも約26~28%ぐらいなので、民間試験としては低く、難易度は高いといえるでしょう。

そのため、体系的に学びたい方や独学では質問ができないからという方も通信講座を利用されています。

しかも、日本語教師の試験には改訂された情報も出題される傾向があるので、そこはフォロー対応してくれるユーキャンを洗濯するのも方法のひとつです。

なお、講座について詳しく知りたい方は、生涯学習のユーキャンから無料の資料請求をしてみましょう。

では、ユーキャンの日本語教師資格取得講座の費用はどのくらいかかるのでしょうか。次に、紹介します。

ユーキャン日本語教師資格取得講座の費用

料金
ユーキャンの日本語教師養成講座の費用は下記のとおりです。

スクロールできます
日本語教師養成講座
受講料(税込)59,000円
入学金(税込)なし
総費用(税込)59,000円(一括払い)
59,760円(12回払い)
月賦払い(税込)59,760円(12回払い)
教育訓練給付金利用時47,200円(差額:11,800円)

420時間日本語教師養成講座が約60万円前後が必要なのに比べると、比較にならないほど試験対策講座は費用がかかりません。。

しかも、ユーキャンの当講座は教育訓練給付金の対象講座です。利用することができれば、受講料の20%(最大で10万円まで)が講座の修了後に支給されます。

そうなると、20%で11,800円となり、通常は59,000円ですがが47,200円で受講することができることになります。

給付金については、下記の公式サイトでも記載があります。確認してみましょう。

>>>生涯学習のユーキャン

ユーキャン日本語教師講座のよくある質問

ユーキャンで420時間養成講座は取れる?

ユーキャンの日本語教師養成講座は、日本語教育能力検定試験の合格を目指した講座です。

日本語教師講座ならアルクとユーキャンはどちらいい?

現在、アルクでは日本語能力検定試験の対策講座は一時販売中止中です。その他にヒューマンアカデミーが開講しています。

詳細は、別コラムの日本語能力検定試験のおすすめの対策講座を参考にしてくださいね。

420時間養成講座と試験対策講座はどちらがいい?

420時間日本語教師養成講座と試験対策講座の違いは、主に費用と教育実習の有無です。それぞれメリットとデメリットがありますが、今度、日本語教師の国家資格化を考えば420時間でしょうか。

なお、詳細は別コラムの費用の安いおすすめの日本語教師養成講座をご覧ください。

ユーキャンで日本語教師の口コミまとめ

今回のコラムでは「【ユーキャンで日本語教師の口コミ】悪い評判は?噂を徹底調査」をご紹介しました。

ユーキャンの日本語教師養成講座の口コミや評判では、420時間日本語教師養成講座のように高い費用や地方・海外在住で通えないなどの理由で選ばれていることが分かりました。

もちろん、ユーキャンで学ぶデメリットもあるので、よく比較して選びましょう。

時間や費用をかけられない方や独学で学習は難しいと思う方なら、ユーキャンの日本語教師養成資格取得講座を受講するのがおすすめです。

\ 費用を抑えて日本語教師になるなら /

資料請求は無料です。

なお、日本語教師の国家資格化については、別コラムの登録日本語教員の最新情報をどうぞ。

目次