▶10%OFF !? 今ならアルクの日本語教師講座がチャンス

【オンラインで日本語教師】副業OK?給料や仕事の見つけ方

オンラインで日本語教師を副業でやってみたい人向けです。

最近はマンツーマンで日本語を教えられるオンライン日本語教師が人気らしいけど、副業でもできるのかな。給料や仕事の見つけ方を知りたいです。

最近は、自分で働く時間帯を選ぶことができる「オンライン日本語教師」が人気になっています。

特に、この世界情勢の変化でオンライン日本語教師の学習サイトに登録する日本語教師が急増しているという噂です。

ただ、なかには日本語教師として土日にだけ教えて副業で出来るのかな?と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、今回は「【オンラインで日本語教師】副業OK?給料や仕事の見つけ方」をご紹介します。

このコラムでは「オンライン日本語教師として働くための条件」や「オンライン日本語教師の仕事の見つけ方」もお伝えしています。

目次

オンライン日本語教師は副業でもできる?

結論は、オンライン日本語教師は副業でも出来ます

理由は、日本語学校で日本語を教える授業スタイルではなく、自分の都合の良い時間帯だけを選ぶことが出来るから。

実際に私もオンラインでマンツーマンのレッスンをしたことがあり、教壇に立って授業をするのに比べても違和感なく教えることできました。

教えるツールも進化しているので、先生や生徒にとっても使いやすくなっています。

ただ、他の人は意見はどうなのでしょうか?SNS上でのオンライン日本語教師の副業について調査してみました。

調査してみると「副業を始めた」や「副業から始めて本業はやめた」、なかには「本業と副業の両立は難しい」という意見も。

学習サイトも増えているので、既に日本語教師をしている人が収入を得る手段として、これから日本語教師を目指す人にとっては働き場所の確保としても主流になっていくでしょう。

将来、オンライン日本語教師を目指すために資格をこれから取得する人には、下記の講座がおすすめです。

デジタルパンフが便利

資料請求は無料です。

\今なら、受講料10%OFF/

クーポン利用で約1万円もお得に!

\ 費用を抑えるなら /

   ユーキャン   

資料請求は無料です。

詳しい講座内容については、別のコラムを参考にしてくださいね。

ただ、気になるのは収入のこと。オンライン日本語教師の収入はどうなのでしょうか?

いくら稼げる?オンライン日本語教師の収入

オンライン日本語教師の収入(時給)は、1レッスン50分単位制で約1,000円~1,500円が相場

1日5コマ、時給1,000円とすると1日で5,000円・週5日で25,000円、月に20日で10万円の収入です。

なかには意外と安い?と思われた人もいるかもしれません。例えば、私の知り合いの先生は1レッスン50分を850円で教えていました。

ただ、日本語教師として本業で稼ぐにフルで授業が入らないと厳しいですよね。

これがオンライン日本語教師の副業であれば週末の土日だけで10,000円は悪くはないのではないでしょうか。

時給が高いわけではありませんが、時間を調整して空いた時間を使えるという条件では考え方しだいでしょう。

もちろん、収入だけではなく、オンライン日本語教師にはメリットもあります。次に、メリットとデメリットをお伝えします。

オンライン日本語教師のメリット・デメリット

オンライン日本語教師のメリットとデメリットをお伝えします。

オンライン日本語教師のメリット

オンライン日本語教師のココはいいな、と思ったポイントは以下のとおりです。

  • 準備時間が少なくて済む
  • 通勤をしなくていいので楽
  • どこでも好きな時間に働ける
  • 仕事場の面倒な人間関係がない
  • 生徒も先生も授業を選べる

準備時間が少なくて済む

マンツーマンレッスンはグループに教えるのに比べると、準備時間が短いでしょう。教えて欲しいニーズが明確な場合や家事などのスキマ時間も利用できるので効率的です。特にフリートークなら15分程度の準備でOKという話も。

通勤をしなくていいので楽

オンラインなら日本語学校に通勤しなくてもいいので、近くに職場がない人などは特にありがたいでしょう。交通費もかからないのも魅力です。

どこでも好きな時間に働ける

通勤と重なりますが、オンラインなので日本語学校がない地方や海外からでも働くことができるのが魅力です。

ただ、学校によっては日本在住が条件が場合があるので注意が必要です。

仕事場の面倒な人間関係がない

日本語教師は若い人から年配の人まで幅広い先生がおられ、どうしても人間関係でギクシャクすることも。

マンツーマンなら人間関係が気にすることは少ないでしょう。

生徒も先生も授業を選べる

日本語学校で教える場合は、やる気がない生徒でも困ってしまう生徒でも教えることが必要です。

これがオンライン日本語教師だと、生徒をある程度選ぶ権利もあり、逆に生徒も先生を選択できるので両方にとてもいいですね。

オンライン日本語教師のデメリット

オンライン日本語教師のココは悪いな、と思ったポイントは以下のとおりです。

  • 時給や収入が高い訳ではない
  • 生徒に選ばれる必要がある
  • 授業と授業の間が空くことも
  • 日本語教師同士の交流がない
  • ネットワーク環境が重要になる

時給や収入が高いわけではない

時給は約1,000~1,500円前後なので、東京などで働く場合と比べると時給が決して高いわけでありません

ただ、交通費や授業の準備費などを考えると十分利用する価値があります。

学習した人に選ばれる必要がある

オンライン学校の場合は、授業後に教え方などについての評価を受講者がつけることがあります。

1対1なので、良い評価や悪い評価がダイレクトに反映しやすい実力主義です。

授業と授業の間が空くことも

授業のコマは日本語学校のように決まっていないので、生徒に合わせる必要があります。

そのため、授業と授業の間が空くとダレてしまうということも。特に始めたばかりの時に起こりやすいですね。

日本語教師同士の交流がない

英語のオンライン授業のように学校に行く必要がないので、日本語教師の先輩や同僚からの指導や情報共有が得られにくいという点があります。

経験が浅い人にとっては他の先生の授業方法を視聴できないのでは不利と言えるでしょう。

ネットワーク環境が重要になる

オンラインなのでネットワーク環境が整っているかがとても重要です。ただ、最近はリモートワークが進んでいるので、一般的な環境があれば心配になる必要はないですね。

オンライン日本語教師として働くための条件

オンライン日本語教師として働くには、一般的に養成講の座修了や検定試験の合格の資格が必要になりつつあります。

なかには資格を証明しないでも登録できる学習サイトはありますが、日本語教師の登録数が多い場合は資格が必須というサービスも。

オンライン日本語教師に人気の学習サイトitalki(アイトーキ)も既に資格がないと登録ができないようになっています。

ただ、日本語学校との大きな違いは、資格があれば未経験でも応募できる場合があることです。

実際には日本語学校で日本語教師として経験を積んでから、オンラインにシフトしていくのが一番理想的な流れになります。

将来、オンライン日本語教師を目指すために資格をこれから取得する人には、下記の講座がおすすめです。

デジタルパンフが便利

資料請求は無料です。

\今なら、受講料10%OFF/

クーポン利用で約1万円もお得に!

\ 費用を抑えるなら /

   ユーキャン   

資料請求は無料です。

オンライン日本語教師の仕事の見つけ方

一般的には、オンライン専門の学校やサイトに応募するのが一般的です。

なかには、Twitterなどで学生を応募する方法や他の日本語教師からマンツーマンで授業を受けた学生を紹介されることもあります。

そのなかでも人気なのが、「italki(アイトーキ)」です。

italkiは、インターネットを通じて言語を学びたい人と教師をつなぐオンライン言語学習プラットフォーム

このサイトでは、生徒は1対1のマンツーマン指導が受けられるオンライン教師を見つけたり、教師はフリーランスの先生としてお金を稼ぐことができます。

オンライン英会話をイメージしてもらうのが分かりやすく、英語を学習したい人が先生を選んで、マンツーマンで授業を受けるのと同じですね。

日本では知られていないitalkiですが、海外では語学学習のプラットフォームとして人気が高く、もともとの学習者の重要があるのが大きな魅力です。

>>>italki(アイトーキ)

結局、オンライン日本語教師は副業できる?

いずれオンライン日本語教師が主流になっていくのは間違いありません。

理由は、オンラインで学ぶことに抵抗がない人が増え、そのメリットを先生も生徒も実感しているから。

特に、いつでも・どこでも日本語教師として働けるオンライン日本語教師は副業に最適です。

ただ、いきなり養成講座の修了や検定試験の合格後にオンライン日本語教師として本業になるのは、スキルが将来的にも不足するのでおすすめできません。

まずは、一旦、日本語学校で経験を積みつつ、オンライン日本語教師で副業として始めてみるほうがいいでしょう。

オンライン日本語教師で副業まとめ

今回のコラムでは、「【オンラインで日本語教師】副業OK?給料や仕事の見つけ方」をご紹介しました。

オンラインで日本語教師をするメリットとデメリットをまとめてみました。

メリットは、下記のとおりです。

  • 準備時間が少なくて済む
  • 通勤をしなくていいので楽
  • どこでも好きな時間に働ける
  • 仕事場の面倒な人間関係がない
  • 生徒も先生も授業を選べる

次に、デメリットは下記のとおりです。

  • 時給や収入が高い訳ではない
  • 生徒に選ばれる必要がある
  • 授業と授業の間が空くことも
  • 日本語教師同士の交流がない
  • ネットワーク環境が重要になる

オンライン日本語教師には良い点・悪い点もあるので、これから日本語教師を目指す人はどこで働くかも検討しておくことが大切ですね。

目次
閉じる